家庭菜園でプランターで育てるのが難しい野菜

家庭菜園でプランターで育てるのが難しい野菜

2021.10.26

これから家庭菜園を始める際にはプランターを活用したい人は多いのではないでしょうか。しかし、プランターでも育てるのが難しい野菜があるかも知れないと考えると不安ですよね。そこで、この記事では、家庭菜園でプランターで育てるのが難しい野菜の紹介と、家庭菜園で難しい野菜を育てるためのポイントを解説します。

家庭菜園でプランターで育てるのが難しい野菜

家庭菜園でプランターで育てるのが難しい野菜

家庭菜園でプランターで育てるのが難しい野菜を紹介しましょう。

ミニトマト

ミニトマトはプランターで育てる野菜として定番といえます。家庭菜園でもよく扱われるのですが、実はプランターで上手く育てるのが難しい野菜とされています。ミニトマトはプランターでも家庭菜園で育てることは可能ですが、水管理が特に難しい野菜です。水を与えすぎるとまずくなり、逆に水が不足するとすぐに枯れてしまいます。家庭菜園でミニトマトはプランターで気軽に育てられると考えるのではなく、家庭菜園では意外と難しい野菜と認識しましょう。

インゲン

インゲンも家庭菜園のプランターで育てるのが難しい野菜とされています。その理由はミニトマトと同様に水管理が難しい点です。水をちょうどよい量に保つことができないときちんと家庭菜園で育てることができません。また、風通しや日当たりにも敏感に反応するため注意しましょう。これらの管理が難しい野菜とされているのです。たとえば、ベランダで育てる場合にエアコンの温風がインゲンに当たってしまうこともあります。プランターは気軽に家庭菜園を始めるために便利なアイテムですが、設置環境に注意しましょう。

メキャベツ

メキャベツは家庭菜園でよく育てられる人気の野菜ですが、プランターで育てるのは難しい野菜です。プランターでメキャベツを育てる際には温度管理が特に難しい野菜とされています。メキャベツを早く植えてしまうと本来丸くなる部分が丸くならなくなります。キレイな形に育てるのには難しい野菜といえるのです。家庭菜園では小さい野菜の方が簡単そうに思えるのですが、ちょっとした影響を受けるため難しい野菜もたくさんあります。

オクラ

オクラはプランターで家庭菜園をするのは難しい野菜とされています。オクラといえばあまり難しい野菜というイメージはありません。基本的に丈夫であり、細かな栽培管理をする必要はなく、気温が上がるにつれてどんどん育ってくれるからです。しかし、オクラは太い根がまっすぐに伸びるのが特徴です。そのため、家庭菜園でプランターでオクラを育てる際にはかなり深いプランターを用意しなければいけません。そのような環境を整えるのが難しい野菜といえます。

また、オクラはあっという間に成長するため、家庭菜園ではタイミングよく収穫するのが難しい野菜です。ちょうどいいタイミングで収穫できないと実がとても硬くなってしまい美味しくなくなります。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

プランターで家庭菜園をする際のポイント

プランターで家庭菜園をする際のポイント

プランターで家庭菜園をする際のポイントを紹介します。

設置環境に注意する

プランターを活用して家庭菜園を始めるならばプランターを置くための場所を用意する必要があります。家庭菜園の際にプランターの設置環境を整えるのが難しい野菜はたくさんあります。たとえば、ベランダに設置する際にはエアコンからの温風が直接当たることがあるのです。設置場所によっては温度管理も難しくなるでしょう。家庭菜園ではプランターはどこにでも置けるためよく活用されます。しかし、プランターはどこに置いても良いというわけではないのです。その点を注意して家庭菜園を進めましょう。

正しくプランターを選ぶ

プランターを使って家庭菜園を進めるならば、正しくプランターを選ぶことから始めましょう。家庭菜園で使われるプランターにはさまざまな種類があるからです。素材やサイズ、形状などによってかなりの種類が存在しています。その中からこれから家庭菜園で育てる野菜に合わせて最適なものを選ぶ必要があるのです。

たとえば、プランターの素材としてはプラスチックや素焼き、木材があります。プラスチックはバリエーションが豊富であり安価なため家庭菜園の定番といえるでしょう。ただし、プラスチックは通気性がない点が家庭菜園で扱う際のデメリットです。

素焼きは通気性に優れていて見た目もおしゃれです。ただしちょっとした衝撃によって割れやすく、重たいため移動させるのが難しいというデメリットがあります。

木材は天然素材であり見た目がよく、なおかつ通気性も良好です。しかし、経年劣化しやすい素材であり、プランターそのものが重たいのもデメリットです。

サイズについては、基本的には大きければ大きいほど家庭菜園をしやすいでしょう。家庭菜園でプランターで育てるのが難しい野菜であっても、十分な量の土を用意すれば育てやすくなります。ただし、あまりサイズが大きくなると持ち運びが不便であり、広いスペースが必要となるため、家庭菜園でプランターを活用するメリットが失われてしまいます。

天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

まとめ

まとめ

プランターで育てるのが難しい野菜についてまとめました。ミニトマトやインゲンといった野菜はプランターで育てるのが難しい野菜といえます。難しい理由としては、プランターでは温度管理や水の管理が困難になるからです。適切なプランターを用意して設置環境にもこだわる必要があります。これから家庭菜園をプランターで始めたい人は、この記事を参考にしてしっかりと対策を立ててください。そうすれば家庭菜園を成功させられるでしょう。

RELATION関連記事

  • 冬の家庭菜園は簡単?おすすめの野菜と育てる際のポイントを解説!

    冬の家庭菜園は簡単?おすすめの野菜と育てる際のポイントを解説!

    家庭菜園

    野菜

    2021.11.02

  • 初心者必見。ベランダでもOK!簡単にできる果物5選・育て方のポイントをご紹介。

    初心者必見。ベランダでもOK!簡単にできる果物5選・育て方のポイントをご紹介。

    家庭菜園

    果物

    2019.01.12

  • 重要なのは元肥!家庭菜園で育てやすい果物をご紹介

    重要なのは元肥!家庭菜園で育てやすい果物をご紹介

    家庭菜園

    果物

    2021.07.20

  • ハーブと野菜を一緒に育てる!家庭菜園の害虫対策をご紹介

    ハーブと野菜を一緒に育てる!家庭菜園の害虫対策をご紹介

    家庭菜園

    野菜

    2020.08.04