自宅で楽しむ!プラムを種から育てる癒しの時間

自宅で楽しむ!プラムを種から育てる癒しの時間

2023.11.28

酸味と甘みが絶妙なハーモニーを奏でるその味わいが特徴のプラムは多くの人々を虜にしています。市場で販売されているプラムを購入して楽しむだけでなく、その種からプラムを育ててみるのはいかがでしょうか。この記事ではプラムの種から木を育てる方法について解説していきます。

プラムの種からの栽培方法

プラムの種からの栽培方法
プラムの種から自身で栽培するために必要な種(タネ)の収集方法、適切な土の選び方、そして種の植え方について詳しく説明していきます。

プラムの種の収集方法

市販のプラムを手に入れれば、種を収集することができます。
プラムは、熟していて中心に黒くて硬い種があるものが良いでしょう。プラムを縦に切り分け、種を取り出します。種は果肉から丁寧にわかれるように取り、果肉や果皮が残らないように洗います。次に種を乾燥させるために紙の上に置いておきます。乾燥は1週間程度かかりますので、じっくりと待ちましょう。また、種を扱う時は割らないよう注意しましょう。

適切な土の選び方

適切な土の選び方
プラムは弱酸性の土を好みます。一般的には、赤玉土や腐葉土、またはこれらを混ぜ合わせたものを用いることが一般的です。市販の培養土も適しており、これに肥料を加えるとより良い条件が整います。また、土が固まりすぎないように砂を混ぜると、水はけが良くなります。

HB101は、液体タイプと土に混ぜ込むだけで使える顆粒タイプの2種類があり、用途や目的に合わせて使用できる植物活力剤です。テレビ・新聞などでもお馴染みで、世界中の8000万人の農家・園芸家に愛用されているため安心して使用することができ、収穫量も増えることが期待できますので、おすすめです。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

プラムの種の植え方

プラムの種を植える時期は、冬から春にかけてが最適です。まずは選んだ土を鉢やプランターに入れ、指で軽く押して土を均一にならします。種は水に数日間浸けてから植えると、発芽率が高まります。水に浸けた後は、土の上に種を置き、そこに1cm程度の土をかぶせていきます。そして、しっかりと土を押さえつけた後、十分に水をまきます。プラムの種は発芽するまでに時間がかかるため、根気強く待ちましょう。

プラムの成長過程

プラムの成長過程
プラムはその美味しい果実などで知られ、また庭園や果樹園でも人気が高い果樹の一つです。ここではその成長過程について詳しく解説していきます。

発芽までの期間と温度管理

プラムの種から発芽するまでの過程について紹介します。プラムの種は、適切な水分と温度環境が整えば2〜3週間で発芽します。とりわけ重要なのは、発芽期間中の温度管理です。種が適切に成長するためには、気温は15〜25度Cが最適だと言われています。気温が低すぎると、種の発芽が遅くなる可能性があります。また、適切な水分供給も欠かせません。乾燥を防ぐためには、プラムの種は一日に一度程度、水を適量与えると良いでしょう。

初期成長段階での注意点

発芽した苗が初期成長段階に進むときの注意点は、まず、十分な日光が必要だということです。光合成を行うためには、苗は1日に5〜6時間の直射日光が必要です。また、プラムの苗は乾燥に弱いため、土の乾燥状態をこまめにチェックすることが大切です。特に、天気の良い日は朝晩に水を適量与え、土が乾燥しないようにします。若い木は、根がしっかり発達するまではより多くの水分を必要としますので、注意が必要です。

プラムの成長ステージごとの管理方法

プラムは、花から実へと変わるまでの管理が重要となる果物です。まず、花が咲く時期には、強風や霜によるダメージを防ぐことが重要です。また、蕾が開花するときには、水やりを増やしましょう。
果実が成長し始める初夏には、適度な日照と水やり、そして定期的な肥料が必要です。特にこの時期は実が鳥につつかれてしまう恐れもあるので、ネットなどで保護するのも良い方法です。
秋には成熟した果実を収穫します。その後は、枝を整理し、来年の収穫のために準備を始めましょう。
また、冬の間は冬眠状態になるため、水やりは控えめにします。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

実をつけるまでの過程

プラムの木が果実をつけるまでには、3−5年程度の時間が必要です。その間、適切に水分供給を行い、病気や害虫の管理をする必要があります。特に、プラムはカイガラムシやアブラムシなどの害虫に弱いので、定期的な防虫対策が求められます。また、初めて実をつける前の冬には剪定を行います。適切な剪定により、翌年の花と果実の成長を助け、元気な木へと導いていくことができます。

まとめ

まとめ
プラムを種から育てるために必要なことがイメージできましたでしょうか。
自分で種をまき、水やりをして、日々成長を見守り、やがて実りの時を迎える。その一連の過程の中で経験することは、多くの達成感や満足感を伴うことでしょう。ご自身の園芸スキルとともに、種もまた大きな木に成長していきます。数年後、上手くいけば、たくさんのプラムを収穫することができます。一つの種から、たくさんの楽しみを生み出すことができる園芸の醍醐味を味わえることでしょう。

天然植物活力液HB-101

RELATION関連記事

  • 観葉植物の代表格!緑が美しいパキラの育て方

    この記事ではパキラの特徴や育て方について解説しています。枯れてしまう一番の原因である根腐れへの対処法もご紹介します。

    2022.12.13

  • 冬から春の花壇を彩る可憐な花!デイジーのご紹介

    この記事ではデイジーについてご紹介します。品種や育て方など、初めての方も挑戦できる内容ですので、ぜひ参考にしてください。

    2022.10.11

  • 栄養価の高いパワーベジタブル。実は家庭菜園にぴったりの野菜だった!おすすめの種類と育て方

    今、家庭菜園で栽培している方が増えている野菜がパワーベジタブル。あまり耳慣れないネーミングですが、実は文字通りとても栄養価の高い野菜なのです。家庭菜園でも簡単に作れるというパワーベジタブルとはどんな野菜なのでしょう。

    2019.12.17

  • 美しい景観を自宅で楽しむ!藤を種から育てる方法

    藤の苗の育て方は難しくないとされていますが、藤を種から育て、長く美しく育てるには適切な育て方が必要です。ぜひ栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか。

    2023.11.21