シャコサボテンの育て方は簡単?ポイントと注意点とは

シャコサボテンの育て方は簡単?ポイントと注意点とは

2024.02.27

シャコサボテンは、花を咲かせ見た目も綺麗で人気の植物として知られています。ですが、育て方やポイントを理解することで、より丈夫で健康な状態を楽しむことができるでしょう。そこで本記事では、シャコサボテンの基本的な育て方やポイント、注意点について解説します。魅力を最大に引き出すために、ぜひお役立てください。

シャコサボテンの育て方を紹介

シャコサボテンの育て方を紹介
シャコサボテンは比較的に手間がかからないため、観葉植物としての人気もあります。ですが基本的な、日光、水やり、肥料などのポイントを理解することは大切なことです。そこで本項では、シャコサボテンの基本的な育て方について解説していきます。詳細を見ていきましょう。

日当たり

シャコサボテンは基本的に日光を必要としますが、強い直射日光は苦手です。4月から10月までは屋外で育てるとより元気に育ち、夏場に関しては風通しの良い半日陰な場所が最適でしょう。屋内の場合は、窓から近い明るいカーテン越しの日光が当たる場所が最適です。そこまで、特質的な日当たりの好みではないので、基本を理解して育てると健康に育ってくれます。

水やり

シャコサボテンの水やりは、一般的な観葉植物と同じで、基本は土がしっかり乾いたらたっぷりと水を与えてあげます。10月以降の生長期が終わるタイミングから、水やり頻度は減ってくるので、土が乾いてから2、3日たってから水を与えるようにしましょう。地域にもよりますが、温度が一桁台の場合の冬越しは水をほとんど与えなくても、多肉に水分を貯水しているので適応します。

肥料

シャコサボテンは、生長が盛んな時期(4 月〜7月あたり)に肥料を与えると元気に育ちます。その際は、緩効性肥料や液体肥料を適切な頻度で与えるようにしましょう。過剰な肥料の量や頻度の場合、肥料やけを起こす場合もあるので、容量を守って与えるように気をつけつる必要もあります。また、肥料は絶対的に必要なわけではなく、今後の育成の目的などによっても肥料の有無は変わってきます。

病害虫

シャコサボテンは根腐れや、赤く褐色に変色する病気にかかりやすいとされています。これらの予防としては、十分な日当たりと風通しを確保し通気性をよくすることです。害虫に関しては、新芽にナメクジなどが付きやすく、暑い時期はカイガラムシなども出やすくなります。どちらも早期発見と駆除することで、大きな問題にはなりません。ですから、病気も害虫も共通して、日々の清掃や観察など初歩的なお手入れをすることが、結果的に一番の予防となるでしょう。

ちなみに、肥料はシャコサボテンをより美しく、健康的に育てるには肥料や栄養剤を与えるのは効果的な選択肢の一つです。その中でも、園芸界でも絶大な信頼があるのが「株式会社フローラのHB101」です。(世界中で8000万人の園芸家や農家さんが活用する実績もあります)詳細はこちら

天然植物活力液HB-101

シャコサボテンの育て方のポイント

シャコサボテンの育て方のポイント
シャコサボテンの育てていくうえで、まずは先述したような基本をしっかりとこなることが大切です。ですが、ポイントや注意点を理解することで、より元気に育てられるでしょう。そこで本項では、シャコサボテンの育て方のポイントについて解説していきます。それでは、育て方のポイントに迫りましょう。

お手入れのポイント

シャコサボテンを育てる際の重要なポイントは、夏越しと冬越しです。夏場は高すぎる温度や強い日光が苦手なので、優しい光が当たり風通しのいい場所を考慮しましょう。また、寒暖差が激しくても元気がなくなり、つぼみも落ちやすくなります。なるべく安定した温度を管理したり、風通しのいい場所を見つけたりするなど、適切なケアを行うことで、健康で元気な成長につながるでしょう。

花を咲かせるために

シャコサボテンが花を咲かせるためには、秋あたりに新芽を摘み取っておくことを推奨します。この剪定方法は芽摘みと呼ばれています。なぜ新芽を摘むのかというと、シャコサボテンは成熟した茎にしか花を咲かせないので、新芽を摘むことで、より成熟させたい茎に栄養を行き渡らせることができるという理由からです。そうして、栄養のバランスをコントロールしてあげることが、花を咲かせるためのサポートとなります。

注意するべきこと

シャコサボテンを育てる際に注意すべきことは、夏場の過剰な日光と、冬場の水分の過剰です。先述でも夏越しと冬越しがポイントと記しましたが、より具体的にするとこの2つが注意点になります。過剰な日光はダメージとなり、過剰な水分は根腐れにつながってしまうからです。また、シャコサボテンは短日植物でもあって、12時間以上日を浴びない方がいいともされています。

天然植物活力液HB-101

シャコサボテンの育て方に関するまとめ

シャコサボテンの育て方に関するまとめ
最後にシャコサボテンの育て方についてまとめていきます。シャコサボテンは、日光が必要ではあるが、直射日光には注意が必要です。水やりに関しては、一般的な観葉植物と同様だが、気温が下がってくるとほとんど水やりがいらなくなります。病害虫は主に根腐れや、カイガラムシなどに注意が必要で、早期発見と駆除が大切です。また、生育ポイントや注意点として、夏越しと冬越しに注意が必要。多肉植物なので、少し一般的な観葉植物と違う部分もありますが、調べて理解することで、元気に育てることは誰でも可能です。ぜひ、試してみださいね。

天然植物活力液HB-101

RELATION関連記事

  • 夏の寄せ植えにも使えるエボルブルスの育て方

    夏の花として重宝するエボルブルスは初心者の方でも育てやすいブルーの花を咲かせる植物です。花壇や寄せ植えなどで長く花を楽しむ事ができますよ。

    2023.07.25

  • 室内でも楽しめる!ヘデラの育て方&増やし方のポイントをご紹介

    ヘデラは育てるのが簡単で初心者にも人気です。インテリアとしても楽しめるヘデラの増やし方や育て方についてのポイントを紹介。

    2020.05.19

  • 美しい葉と育てやすさが魅力!ヒメマサキをご紹介

    この記事ではヒメマサキの基本情報や育て方についてご紹介します。ヒメマサキの種類や活用法についても解説しています。

    2023.01.31

  • 家庭菜園にぴったり!おいしいキュウリの育て方♪

    キュウリは日本の代表的な夏野菜です。漬けものにしたり味噌をつけて食べたりと、家庭の食卓に馴染み深いですよね。短期間で育てることができるので、家庭菜園の野菜として人気です。では、育て方のポイントや手入れ作業のタイミングについてご紹介します。

    2019.01.01