夏の花といえば?人気の種類ランキングベスト10!

夏の花といえば?人気の種類ランキングベスト10!

2024.06.11

夏の花といえばヒマワリやハイビスカスを思い浮かべることが多いと思います。炎天下でも美しい花を咲かせる夏の花は、夏を彩ってくれる風物詩の一つです。庭に植えることで華やかになり、元気をもらえるでしょう。 今回は、夏の花といえばどんな花を思い浮かべるのか?についてランキング形式にしてみました!ベスト10をご紹介するので、最後まで必見です!

夏に咲く花の魅力

夏に咲く花の魅力

暑い日々でも凛とした美しい花を咲かせる夏の花。ヒマワリやアサガオなど、夏の代名詞と言える花が好きという人も多いでしょう。大輪の花を咲かせる種類も多いため、見ていて元気が出てきそうです。
夏といえば、眩しいほど輝く太陽の下で花が咲きます。赤や黄色、オレンジ、ピンク、白、紫などの色鮮やかな花たちが緑に囲まれて咲く姿は夏ならではの景色です。元気に成長し庭に多種多様の花が咲くのを見るのは楽しいものです。

天然植物活力液HB-101

夏の花といえば?ベスト10

夏の花といえば?ベスト10

夏の花といえば、どんな種類を思い浮かべられるでしょうか?夏の花ベスト10をランキング形式でご紹介します。

1.ヒマワリ

1.ヒマワリ

ランキング1位に輝いたのは、太陽のように大きな黄色の花が特徴のヒマワリです。一年草で、花の中心に種を実らせ、食べることが出来ます。殻を向けば調理して食べられます。ハムスターなどの齧歯類や鳥も大好きです。
炎天下でも太陽の方角に花を咲かせるため、花言葉は「あなたを見つめる」「光輝」です。ロマンチックな花言葉ですよね。夏のシンボルでもあり、公園や学校の庭に咲いている姿を見ることができます。

2.ポーチュラカ

2.ポーチュラカ

少し厚めの葉に色とりどりの花を咲かせるポーチュラカは、葉に水分を溜め込むことができる植物です。地面に広がるように成長します。ポーチュラカの花言葉は「いつも元気」「無邪気」です。
ポーチュラカは、夏の眩しい日差しが大好きです。強い西日が当たっても枯れることはなく、乾燥にも強く育てやすい種類と言えます。日光が足りないとヒョロヒョロになってしまうので、注意が必要です。

3.ハイビスカス

3.ハイビスカス

ハワイを代表するハイビスカスは、日本の夏を南国風な雰囲気にしてくれる花です。人気が高い赤や黄色、白の花色があり、暑さの中でも美しく咲きます。育てやすいため、初心者にもおすすめの夏の花です。
ハイビスカスの花言葉は「上品な美しさ」「新しい恋」「華やか」などです。色鮮やかな花は、咲く期間が短くすぐにしぼんでしまいますが、新しい花もどんどん咲くので見ていて楽しい花と言えます。

天然植物活力液HB-101

4.マリーゴールド

4.マリーゴールド

夏の花といえば、太陽のように黄色やオレンジの丸い花を咲かせるマリーゴールドを思い浮かべる人も多いと思います。マリーゴールドの花言葉は「可憐な愛情」「信頼」「友情」などです。
育てやすく植えっぱなしでも次々と花を咲かせるので、ガーデニング好きにも高い人気を集めます。学校や駅前の花壇などに植えられているのを見ることも多いでしょう。特徴的な独特な香りは、コナジラミやアブラムシなど一部の虫が嫌がるとされています。

5.月下美人

5.月下美人

多肉植物である月下美人は、夜の内に開花し萎れていく花です。夏の花のイメージがある人も多く、ランキングにランクインしました。幻想的な性質と姿は非常に美しく、一度だけでも良いから見てみたいという人も多いのではないでしょうか?
月下美人の花言葉は「艶やかな美人」「儚い美」「はかない恋」です。一番で散ってしまう月下美人らしい花言葉です。日差しが好きなため、11月から4月は育てる時は日光がよく当たる場所に植えるかプランターを移動させましょう。

6.プルメリア

6.プルメリア

ハイビスカスと並んで、南国のハワイを連想させる花です。5弁の花びらで構成されており、中心が淡く黄色に色づいているのが愛らしい印象を与えます。花の色は、代表的な白だけでなくピンクもあります。
プルメリアの花言葉は「気品」「陽だまり」「情熱」「恵まれた人」などです。季節になると良い香りがするプルメリアは、見かけによらず丈夫なため植えっぱなしでも育つ種類です。低温で育てると落葉の原因になるため、日が良く当たる水はけの良い場所で育てましょう。

7.アサガオ

7.アサガオ

夏の花のランキングをするなかで、アサガオを外すことはできません。一般的に種から育成され、つるを伸ばして繁殖します。フェンスや支柱に誘引するのがおすすめです。夜明けが近づくにつれて花を開き始めるため、朝には大輪のアサガオをいくつも見ることができます。
アサガオの花言葉は、「淡い恋」「愛情」「結束」です。猛暑の8月でも盛んに咲くため、夏といえばアサガオを連想する人も多いでしょう。日光が大好きな花ですが、あまりにも強すぎる直射日光の下だと枯れる恐れがあるため注意が必要です。

8.ラベンダー

8.ラベンダー

一般的なラベンダーは極端な暑さや寒さに弱いですが、ストエカス系やラバンディン系のラベンダーは夏でも咲き誇ります。濃い青紫色の花が美しく、イングリッシュガーデンに欠かせない種類です。秋まで咲き続け、個性的な姿の種類も多いため選ぶ楽しみもあるでしょう。
初心者にも育てやすく、香りが強いものはドライフラワーやポプリにして楽しむこともできます。
ラベンダーの花言葉は、「あなたを待っています」「沈黙」です。日当たりが良いところを好むので、日光が良く当たる風通しの良い場所で育てましょう。

9. サルビア

9. サルビア

真夏の太陽の下でも真っ赤な花を咲かせるサルビアは、寄せ植えにも使いやすい花です。丈夫で育てやすく、秋まで咲き続けます。サルビアの種類は豊富で、花色もピンクや白以外にさまざまな姿の花があるのも魅力の一つと言えるでしょう。
サルビアの花言葉は、「知恵」「家族愛」「尊敬」などです。風通しが良い場所に植えましょう。一般的なサルビアは一年草ですが、多年草もあります。暖かい地域なら冬を越せるため、根付けば毎年夏に鮮やかな花を咲かせてくれます。

10.アジサイ

10.アジサイ

梅雨に美しい姿を見せてくれるアジサイは、5〜7月を開花時期とするため初夏にも楽しむことができます。ガクアジサイは真夏でも咲く品種であるため、水切れを起こさないようにこまめな水やりが必要です。
土の成分によって青やピンクに色が変化する様子が見ていて楽しい花です。アジサイの花言葉は、「辛抱強さ」「移り気」「寛容」などがあります。花の姿も多種多様で、地植えでもプランターでも育てることができます。

まとめ

まとめ

夏の花といえば、みなさんはどんな花を思い浮かべますか?やはりアサガオやヒマワリが定番ですが、それ以外の花も数多くあります。
今回ランキングを作ってみましたが、日本の夏を象徴する花ばかりでした。色とりどりの花をガーデニングで植えることで、夏の庭が華やかになるでしょう。初心者でも育てやすく、寄せ植え向きの種類もあるので、ぜひ夏に植えてみましょう。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

RELATION関連記事

  • 庭のガーデニングに発生する困り者の害虫対策

    庭のガーデニングに発生する害虫は、せっかく育てた植物に危害を加える困り者です。この記事では発生を抑える方法と見つけた時の駆除の仕方をご紹介します。

    2019.01.29

  • 葉っぱが茶色くなってしまった!その原因、観葉植物の「葉焼け」かも

    観葉植物の葉っぱが茶色に?観葉植物の葉焼けに関する原因と対策を茶色くなってしまった後の対処法も交えて解説します。

    2021.01.26

  • 観葉植物に発生する虫、どうにかしたい!嫌な害虫とその対策をご紹介

    日々の暮らしに潤いを与えてくれる観葉植物ですが、ちょっと油断をすると害虫が発生することがあります。この記事では観葉植物に害虫が発生させない環境や対策、注意点をご紹介していきます。

    2019.02.05

  • 葉っぱにトラブル発生!変色する原因をざっくりご紹介

    葉っぱの色が変色したら、何かトラブルが起こっているサインです。観葉植物の葉っぱが変色する原因は、直射日光による葉焼けや肥料過多、根詰まりなど様々。病気や害虫などが原因でも葉っぱの変色は起こります。原因と対処法を知っていれば、安心です。

    2022.03.29