家庭菜園で作る!トマトの育て方をご紹介します

家庭菜園で作る!トマトの育て方をご紹介します

トマトは、生でサラダとして食べたり煮込み料理にしたりと、アレンジが楽しめる野菜です。また、お皿に添えるだけで、その料理の印象をより一層引き立ててくれます。 加えて初心者でも簡単に栽培できるので、庭やベランダで家庭菜園を始めたい方におすすめです。 色鮮やかでおいしいトマトを作るために、家庭菜園での育て方のコツや、手入れの仕方とそのタイミングについてご紹介しましょう。

トマトの育て方のポイントとは?

トマトの育て方のポイントとは?

トマトは寒さに強くないため、最低気温が15度以上になる4月下旬~5月上旬に植えつけをします。日当たりのよい場所を選び、連作障害を防ぐためにナス科の野菜を栽培した跡地は避けましょう。なお、連作障害や病気が気になる場合は、丈夫な接ぎ木苗を購入しましょう。

土を耕して栄養分となる堆肥を撒いたら、幅が約60cmの畝を作り「マルチ」という黒いビニールをかぶせておき、雑草や極度に土が乾燥するのを防いでおきます。

家庭菜園での育て方のポイントとなるのが水やりです。葉や茎がしおれなければ、頻繁に水をやる必要はありません。また、トマトは肥料を吸収する力が強く、肥料過剰になると葉や茎ばかり茂る状態になりやすいため注意しましょう。トマトはストレスを感じると甘くなるとされております。水や肥料を控えめにすることで、旨味のあるおいしいトマトを作ることができるのです。

天然植物活力液HB-101
天然植物活力液HB-101

トマトをプランターで育てる時の注意点

トマトをプランターで育てる時の注意点

逆に、プランターで育てるときは、水分不足で枯れてしまわないよう注意しなければいけません。まずプランター選びですが、十分な栄養と水分が供給されるように、できるだけ大型のプランター(15L以上)を選びましょう。これは、土の量が限られていると乾きやすくなるためです。表面が乾いていたらたっぷりの水をやります。
ただ、水分が多すぎるとひびが入って味も薄くなってしまうため、雨にあたらないようにビニールを張るなど工夫をしてください。

ベランダでのプランター栽培は手軽に始めることができ、世話もしやすいので初心者の方にはぴったりです。なるべく日当たりの良い場所に置いてあげましょう。

トマトは簡易のビニールハウスを使うとおいしくできる?

トマトは病気や害虫に強く、初心者でも育てやすい野菜のひとつです。ただ、水をやり過ぎると急激に水分を吸い上げることになり、実が割れたり味が落ちたりしてしまいます。日本には梅雨があるので、その時期は特に水分管理に気をつける必要があります。

そこで、トマトを雨から守るために、簡易なビニールハウスを設置しましょう。ホームセンターなどで、雨よけ用ビニールハウスの組み立てセットが購入できます。もしくは、ご自身で支柱を立ててビニールをかぶせ、雨よけを作ってしまうのもひとつの方法です。

水をやり過ぎず、乾燥気味で育てた方がおいしいトマトを栽培することができます。簡易なビニールハウスを設置することで、雨による被害を防ぎ、赤くて味のよい実をならせてください。

トマトの摘心や剪定のタイミングはいつ?

おいしいトマトを作るためには、栄養を十分に行き渡らせることが大切になります。そこで必要となる作業が、「わき芽かき」や「摘心」です。

「わき芽」とは、枝分かれした茎の根元から出る芽のことで、小さいうちに摘み取っておきます。また、「摘心」とは、長く伸びたツルの先端を剪定する作業のことを言います。摘心をするタイミングは、だいたい支柱まで長さが達したときとされ、最部の花房の上2~3枚の葉を残して茎の先を剪定します。そうすることで実がつきやすくなり、大きくて甘いトマトを作ることができるのです。

トマトを家庭菜園で育てる時は!植物活力液HB-101

私は家庭菜園で、ミニトマト、ミディトマト、大玉トマトを完全無農薬で栽培しています。植物活力液HB-101を使用しており、週に1回HB-101の1,000倍液を葉面散布し、土壌にも週に1回散布しています。HB-101を使うと虫がつきにくく、ガビや色々な病気が出にくいのでとても助かっています。

HB-101は杉や檜(ヒノキ)、松、オオバコなどから抽出したエキス成分により植物の活性化を促す活力剤。植物の栄養素に欠かせない微量要素も含んでいるので植物の成長や土壌微生物の活性化を促すとされています。
味だけではなく実の色ツヤや形もよくなり、成長が良くなるので欠かさず行っています。
ぜひ家庭菜園でトマトを育てる際には、植物活力剤HB-101を試してみてください。

天然植物活力液HB-101
天然植物活力液HB-101

まとめ

家庭菜園で作る!トマトの育て方をご紹介します まとめ

トマトは、畑でもプランターでも、誰でも手軽に育てることができる野菜です。水のやり方に気をつけたり、摘心のタイミングをつかんで剪定作業したりすれば、甘くておいしいトマトを作ることができます。
ぜひここで紹介した育て方のポイントを参考にしてみてください。
また、品種もたくさんあるので、色々な種類を栽培してその味の違いを楽しんでみてください!

あなたにおすすめの記事

家庭菜園にも季節の野菜を!家でも育てやすい夏野菜10選

野菜の病気対策 見分け方と治療法

野菜の病気対策 見分け方と治療法

初心者必見。ベランダでもOK!簡単にできる果物5選・育て方のポイントをご紹介。

初心者必見。ベランダでもOK!簡単にできる果物5選・育て方のポイントをご紹介。

家庭菜園で育てられる果物 人気ランキング5

家庭菜園で育てられる果物 人気ランキング5

家庭菜園の天敵、雑草対策をご紹介。

家庭菜園の天敵、雑草対策をご紹介。

家庭菜園の害虫・病気が発生する原因・対策をご紹介。

家庭菜園の害虫・病気が発生する原因・対策をご紹介。

冬の寒さに強いハーブ6選!育て方の注意点をご紹介

冬の寒さに強いハーブ6選!育て方の注意点をご紹介

初心者の方必見! 家庭菜園の人気野菜ランキング5

初心者の方必見! 家庭菜園の人気野菜ランキング5