ガーデニングで花壇を作ろう!仕切りの作り方のパターンを紹介します!

ガーデニングで花壇を作ろう!仕切りの作り方のパターンを紹介します!

2021.10.19

ガーデニングで花壇を作る際にはどのような作り方をすればいいのかわからない人もいるでしょう。特にガーデニングの花壇の仕切りについて作り方に迷うケースが出てくるはずです。そこで、どのようにしてガーデニングの花壇の仕切りを整えればいいのか、具体的な作り方や注意点について解説しましょう。

ガーデニングの花壇の仕切り方のパターンを紹介

ガーデニングの花壇の仕切り方のパターンを紹介

ガーデニングの花壇でどのような仕切り方をすればいいのか、作り方の参考にするためのパターンを紹介しましょう。

レンガで仕切る

ガーデニングの花壇の仕切り方としてオーソドックスな方法がレンガを使うやり方です。レンガであれば水はけが良くて頑丈であり、しっかりと仕切りとしての役割を果たしてくれるでしょう。レンガによる花壇の作り方を工夫することもでき、たとえば斜めに設置することでオシャレなガーデニングのイメージを整えることもできます。

エッジング材を用いる

ガーデニングの際にエッジング材を用いて花壇を仕切るというパターンがあります。エッジング材を活用すれば自由な形で花壇の縁取りを作ることが可能なためガーデニングに便利です。作り方としては、使いたい長さにカットしてから付属しているペグによって地面に固定して花壇を整えるというやり方です。劣化がしにくいものが売られているため、安心してガーデニングで花壇の仕切りを作るのに使えるでしょう。

石を並べる

石を並べて、その隙間に植物を植えていくというガーデニングの方法があります。これはロックガーデンと呼ばれるタイプの花壇であり、作り方は簡単です。自分の好きなように石を並べていけば良く、水はけが良いのが特徴となっています。そのため、多湿が苦手な植物であっても、ロックガーデンであればガーデニングしやすいでしょう。石を活用することによって、ナチュラル感を演出することができます。たとえば、小型の草花や高山植物を活用した作り方があるため、自然の景色が庭に広がる素敵なガーデニングを実現できるでしょう。

木材の柵を活用する

ガーデニングの花壇の仕切りの作り方として木材の柵を活用するという方法があります。柵を活用すると地面から高い位置に花壇を整えられるのが特徴です。そのため、実際の作業をする際にはガーデニングで腰をかがめる必要がなくなります。バリアフリーの効果を期待できる作り方となっています。ただし、この花壇の作り方の場合は背の高い植物を利用したガーデニングにすると圧迫感が生じてしまうため注意しましょう。

コンクリートを活用する

コンクリートを活用してガーデニングの花壇の仕切りにするという作り方があります。無機質なコンクリートを花壇に使う作り方は、スタイリッシュなイメージがあるのが特徴です。都会的なクールな印象を与えるガーデニングを実現できます。そのようなイメージを好む人はコンクリートを活用する作り方に注目してみましょう。

天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

ガーデニングの花壇の仕切りを整える際の注意点

ガーデニングの花壇の仕切りを整える際の注意点

これからガーデニングの花壇の仕切りを整える作り方を検討している人のために注意点について解説しましょう。

DIYで仕切りを作る場合は低いものにする

これからガーデニングの花壇の仕切りを整える際には、作り方としてあまり高くしすぎないことに注意しましょう。高い仕切りを設置する作り方もあるのですが、あまり高くすると倒壊の恐れがあるからです。特にコンクリートブロックのような重たいものをガーデニングの花壇の仕切りとして活用する場合は、素人が取り扱う際に作り方に気をつけなければいけません。プロはきちんと基準を守ってトラブルを避けながら工事をする作り方に精通しているのです。もし、DIYでガーデニングの仕切りを整えるつもりならば、作り方にはよく注意をして、トラブルを避けることを心がけましょう。

隙間を作らず頑丈に設置する

これからガーデニングの花壇の仕切りを整える際には隙間を作らないようにしましょう。ガーデニングで植物を育てる際には毎日のように水やりをすることになり、雨が降ることもあります。そのため、しっかりと隙間のない仕切りを整えておかないと後で大変なことになるのです。また、頑丈に設置することを心がけるのも重要でしょう。頑丈にしておかないとちょっとしたことで壊れてしまうからです。ガーデニングの花壇はこれから数年から10年以上ずっと使い続けるケースもあります。長期的に利用することを見越して頑丈にしておかないと後で困るでしょう。

仕切りのアイテムは正しく使う

ガーデニングの花壇を仕切るためのさまざまなツールやアイテムが市販されています。それらをガーデニングで利用する際には正しい使い方を守りましょう。指定されている方法にしたがって適切に扱うことによって、しっかりと頑丈な仕切りを整えることができます。たとえば、連結して利用するタイプのものであれば、正しいやり方でしっかりと連結しましょう。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

まとめ

まとめ

ガーデニングで花壇を始める際には仕切りにこだわると良いでしょう。ガーデニングの花壇の仕切りについては、この記事でまとめた作り方を参考にすることで満足できるものを仕上げられるでしょう。しっかりと頑丈な仕切りを整えることで、ガーデニングの花壇を安心して楽しめます。

RELATION関連記事