最新版!冬のガーデニングで注目のトレンド3つをご紹介♪

最新版!冬のガーデニングで注目のトレンド3つをご紹介♪

2021.06.01

「冬のガーデニングは育つものも限られていて、毎年似た感じ…。トレンド感を出す方法ってないのかな?今年は冬のガーデニングもおしゃれにしてみたい!」

冬は草花も減り、ガーデニングをお休みする人も多いのでは。しかし冬の庭にも、引き出せる魅力はたくさんあるのです。特に「トレンドのガーデニング」を取り入れれば、いつもとは違うおしゃれな庭を表現できますよ!

ガーデニングにトレンド感を出すには、次の2点を意識して組み入れると垢抜けた仕上がりに。ひとつは「SNSなどの写真映え」を意識したコンパクトなガーデニング。もうひとつは「おうち時間を楽しむガーデニング」のためのキッチンガーデンを作ることです。

これらを自分の庭に取り入れて、最新トレンドのガーデニングを目指しましょう!この記事では具体的な冬のガーデニングトレンド3つを解説していきます。

冬のトレンドを取り入れたガーデニングで、寒い冬の庭を華やかに彩ってみませんか?

冬のガーデニングトレンド1 変わった色を取り入れて シクラメン

冬のガーデニングトレンド1 変わった色を取り入れて シクラメン

冬の花のトレンドといえば、シクラメン。シクラメンには、大きく分けて2種類あります。ひとつは、鉢植え栽培が適する「シクラメン」。そしてもうひとつは、耐寒性が強く地植えできる「ガーデンシクラメン」です。育てる場所によって、適した方を選ぶようにしましょう!

冬のトレンドとして取り入れるなら、斑入り葉やシルバーリーフが美しい品種、珍しい色の品種を選んでみましょう。ガーデニングに清楚な美しさが加わりますよ。

天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

冬のトレンド品種 セレナーディア

冬のトレンド品種 セレナーディア

トレンド品種のセレナーディアは、なんと青い花が咲くシクラメン。シクラメンの花は赤系の色が多かったため、今話題になっている品種なんですよ。

花からは、甘い香りがするのも大きな魅力のひとつ。耐寒性は弱めの品種なので、鉢植えにして強い寒さに当たらない場所で楽しむのがベストです。

冬のトレンド品種 シクラメン コウム

冬のトレンド品種 シクラメン コウム

小型の原種シクラメン「コウム」。トレンドのガーデンシクラメンのひとつで、特にシルバーリーフの種類がおすすめです。

小さくコロンとした丸い葉がかわいらしく、冬の庭に可憐な印象をプラスしてくれますよ。性質も強く、シクラメンの中でも育てやすい品種です。

冬のガーデニングトレンド2 写真映え抜群!カラーリーフの寄せ植え

冬のガーデニングトレンド2 写真映え抜群!カラーリーフの寄せ植え

花が少なくなる冬のガーデニングを彩るアイテムは、やっぱりカラーリーフ。その人気は衰え知らずです。

ガーデニングトレンドを意識するなら、カラーリーフを寄せ植えして魅力を引き出すのがベスト!冬らしさを効果的に表現できる上、コンパクトなガーデニングにもなるのでトレンド感ある庭が実現しますよ。

冬のカラーリーフにおすすめ ヒューケラ

冬のカラーリーフにおすすめ ヒューケラ

ヒューケラは、様々な色の種類が選べるカラーリーフのひとつ。色の異なるヒューケラだけで、花束のように寄せ植えしても素敵です。

赤系の葉色を選ぶと、クリスマス時期に大活躍!カラーリーフのみで、トレンド感のある寄せ植えが完成します。

冬のカラーリーフにおすすめ コクリュウ

冬のカラーリーフにおすすめ コクリュウ

トレンド感あふれる個性的なガーデニングを目指すのであれば、コクリュウの寄せ植えがおすすめ。黒い葉がシックなアクセントになり、寄せ植えをワンランク上の仕上がりに変えてくれます。

海外でも人気だというコクリュウ。寄せ植えした端から黒い葉を垂らすことで、全体の引き締め効果がありますよ。デザイン性の高い、トレンドを意識した寄せ植えをしてみたい方にチャレンジして欲しい植物です!

冬のガーデニングトレンド3 冬のキッチンガーデン

冬のガーデニングトレンド3 冬のキッチンガーデン

トレンドのキッチンガーデンですが、冬は生育が落ちるため満足に楽しむのは難しいですよね。
そんなときは、同じくガーデニングトレンドの「ハイドロカルチャー」でキッチンガーデンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ハイドロカルチャーとは、水耕栽培の一種。ただし水だけで育てる水耕栽培とは異なり、ハイドロボールと呼ばれる人口の土を利用します。

ハイドロボールは人口の軽石で、無菌で衛生的。そのため病害虫被害が起こりにくい点がメリットです。水だけを利用する水耕栽培に比べ、株が安定する点も便利さのひとつでしょう。

色が付いたハイドロボールもあるため、ガラス容器に入れることでおしゃれなインテリアにもなります。ガラス容器に入れたハイドロカルチャーをいくつも並べると、トレンドガーデニングらしい写真映えするスペースに早変わりしますよ。

今年の冬の室内ガーデニングとして、ぜひ取り入れてみてくださいね。

冬のハイドロカルチャーでハーブを育てるなら「ミント」がおすすめ

冬のハイドロカルチャーでハーブを育てるなら「ミント」がおすすめ

冬のハイドロカルチャーでハーブを育てるには、生育旺盛なミントがおすすめ。室温を暖かめにキープしておけば、冬場でも収穫を楽しめます。

トレンドのミントでおすすめなのは「イエルバブエナ」という品種。人気カクテル、モヒートの原料となるキューバのミントです。

モヒートは夏のイメージがありますが、冬はホットにするのも最高ですよ!ホット・モヒートは香りも優しく、体を芯から温めてくれます。

その他にも「入浴剤の代わりにお風呂に浮かべる」など、ミントの楽しみ方は無限大です。冬のミントを美味しくおしゃれに活用してみてくださいね。

まとめ

冬は草花も休眠し、庭がさみしくなりますね。しかし、植物を選べばガーデニングを楽しむことは可能!しかもトレンドを意識することで、よりガーデニングが楽しくなること間違いなしです。

カラーリーフや室内のガーデニングを上手く利用し、冬のガーデニングもトレンドを取り入れた「魅せる」ガーデニングにチャレンジしていきましょう!

天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

RELATION関連記事