挿し木って?やり方とおすすめ植物

挿し木って?やり方とおすすめ植物

2021.02.09

ガーデニングを始められている方も、これからはじめる方も、「挿し木」とはなんなのかご存知でしょうか。 「挿し木」とは今ある株の一部を切り取って用土に挿すことで発根させ新しい株を増やす方法のことです。 では挿し木のメリットとはなんでしょうか。 挿し木のメリットとは、新たな株やタネを購入する費用を抑えて株を増やすことができる事です。 今回はそんなエコで簡単な「挿し木」についてやり方とは?品種とは?と順にご紹介したいと思います。

挿し木とは何か

挿し木とは何か

まず最初に挿し木とは何か簡単に説明します。
一般的に植物は種子を作ってそれを発芽させることで種を増やしています。一方今回ご紹介する挿し木とは植物の茎をきりとって土などの挿し床に挿すことで発根させる技術のことです。
挿し木は植物の中でも種を作らないタイプの植物や、発芽に時間を要する植物などにも使うことできる人工的な繁殖テクニックであり、挿し木の最大のメリットとは、無制限に増殖可能という点です。
簡単に株を増やせる方法とは言え、元株の遺伝子のままのクローンになりますので、例えば潜在的に疫病に脆弱な遺伝子を持っている株の遺伝子も引き継いでしまうので、注意が必要です。

天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

挿し木のやり方とは?

挿し木のやり方とは?

挿し木の基本とは?

・挿し木を行う際に気を付けるべき点とは?
挿し木の際に気を付けるべき点とはズバリ!茎を切る場所です。通常挿し木、あるいは挿し穂にむいている場所は、切る場所の上に葉が一枚以上ある場所と言われていますので、新芽がついた枝を選んで10cm〜15cmの長さに切りましょう。

・切った挿し木の注意点とは
切ったばかりの挿し木の注意点とはズバリ!保水です。切ったばかりの挿し木には根がないので、水分の吸い上げが悪くなる一方で、葉っぱからは切られる前と同じように水分が蒸散していきます。水分不足を防ぐためにも、葉っぱを半分程度にカットし、枝の切り口は水分を吸い上げやすい様に斜めにカットしましょう。数時間程度水につけ置いたら、用土などの挿し床に挿しましょう。

葉挿し・挿し穂とは
葉挿し・挿し穂茎とは、枝以外の部分を使って挿し木することです。例えばサボテンなどの多肉植物は葉挿しになります。

挿し木の成功・失敗で大事なポイントとは?

挿し木を成功させる上で一番大事にしたい点とは?ズバリ!挿し木を行うタイミングです。
上手に挿し木が作れたとしても、発根し生育ラインに乗ってくれるかはその後の対応次第です。
では成功率をあげる環境とはなんなのか、適度な湿度、温度、PHが適した土壌を用意しましょう。
成功率を簡単に上げる方法としてオススメなのが、切り口を数時間水に浸す際に発根促成剤を数的垂らしておくと成功率が上がります。

挿し木に向いている品種とは?

挿し木に向いている品種とは?

挿し木に向いている観葉植物とは?

コンシンネ・サンデリアーナ・コンパクタなど、よく病院の休憩室や店舗などに置かれ空気浄化の作用があると言われている植物です。ドラセナはほっておいても丈夫でなかなか枯れることなく、初心者でも簡単に育てることができ、もちろん挿し木でも増やすことができます。ドラセナではありませんが、こちらも同じくよく目にするサンスベリアも葉の途中を切って挿しておくだけで増える葉挿しが簡単にできます。特別な理由がなければ、新芽が伸びる育成期(春から秋にかけて)に行うと良いとおもいます。

挿し木に向いている樹木類とは?

・サツキ
サツキも簡単に挿し木で簡単に増やすことができ挿し木初心者にオススメです。
新芽のついた枝を10cmほどに切って水分に浸し鹿沼土に挿すだけです。時期としては6〜7月が適しています。
・ベリー系やイチジクなど
果実がみのる果樹も同様に挿し木によって増やすことができます。ただし果樹は一般的に成功率が落ちます。切った後の枝の水分に気を付け、雑菌が繁殖しない様にケア対策が必要となります。
・山椒
山椒は初心者向けではないかもしれませんが、葉も実も色々と使える上に管理も簡単な部類と思いますのでご紹介します。挿し木を行う時期は6月か9〜10月あたりです。前年度のびた新しい枝をこれまでと同様の手順で挿し木します。注意点として、山椒の実を収穫したい場合、雌株から挿し木を行う必要があります。雄株は花が咲くだけで実はならないので注意です。

挿し木に向いているハーブ類とは?

ローズマリー、ミント、バジル、セージ、タイムなどのハーブ類も簡単に挿し木で増えます。特にローズマリーは周りの他のハーブを駆逐する勢いで伸びます。
ハーブ類を挿し木するコツとしてはあまり増やしすぎない程度に挿し木することです。使う分だけ行いましょう。

まとめ

挿し木とはなんなのか、お分りいただけたでしょうか。簡単に行える上に経済的な挿し木、もしお気に入りの株が枯れそうになってしまっていても、挿し木によって救い出せるケースがあり、まだ諦めるのは早いかもしれません。挿し木を覚えて楽しい園芸ライフを営みましょう。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

RELATION関連記事