2020年 2月 の投稿一覧

家庭菜園で作る!ナスの育て方をご紹介します

家庭菜園で作る!ナスの育て方をご紹介します

ナスを育てる時期

キーワードマーケティング

家庭菜園でナスを育てるのに適している気温は25度~30度です。植え付けの時期は4月下旬~6月上旬。ナスは寒さに弱く高温を好むため、気温が十分高くなってから植えます。花が咲いてから1ヶ月ほどで収穫ができます。

ナスの苗の選び方と植え付けのコツ

ホームセンターなどでナスの苗を購入するときは、下記の点を参考にして選ぶのが、ナスの育て方のポイントになります。

・茎が太くしっかりしている
・茎が間延びしていない
・色が濃く厚い葉が7枚以上ある
・最初の花が咲き始めている

また、初めてナスを育てる方は「接ぎ木苗」という、病気に強い別の植物と接ぎ合わせた苗を選ぶと失敗が少ないです。ナスは連作に弱い野菜ですが、接ぎ木をしてある苗は長く収穫ができ害虫にも強いという利点があります。

プランターでの育て方

植え付けのコツですが、はじめにプランターでの育て方をご紹介します。まず、ナスは深く根を張るため、深さ30cm以上のプランターを用意します。土は水はけの良い野菜用培養土を使用してください。品種は中長ナスなど、あまり実が長くならないものを選んだほうが育てやすいでしょう。

複数の苗を植えるときは、30cm以上間隔をあけるようにします。根を傷つけないように植え付け、風で倒れないよう長さ40cm前後の仮支柱を立てて、耐水・撥水性に優れている誘引用のテープや麻ひもで軽く結んでおきます。植え付けたら、プランターの底から水が流れ出すくらい、水をたっぷり与えましょう。

畑で栽培する方法

次に畑で栽培する方法をご紹介します。家庭菜園での土作りですが、ナスは収穫できる期間が長いため、土作りをしっかり行います。またナスは高温を好みますが乾燥に弱いため、土は有機物を多めにして保湿性を高くする必要があります。まず、土は酸性にかたむきやすいのですが、ナスは酸性に弱いため、苦土石灰(石灰にマグネシウムを混ぜたもの)と堆肥を多めに混ぜ土を中和させます。

その後、元肥(植え付け前に混ぜる肥料)として有機配合肥料やボカシ肥などを混ぜ込み、土を深さ30cm程度までよく耕してください。畝(うね)は幅1.2m・高さ10~20cmのものを作ります。苗の間隔は45cm程度あけ、植え付けたら水をたっぷり与えましょう。支柱はプランターの時と同様に立ててください。

ナスの水やりと追肥のコツ

ナスの水やりと追肥のコツ

ナスは乾燥に弱いので、水を切らさないことが大切です。土の表面が乾いてきたら水を十分に与えましょう。夏場は早朝の地温の低い時間帯に水を与えるのが育て方のポイントです。

追肥のタイミングですが、植え付け後最初の花に実ができてきたら、株の周りに追肥を与えます。ナスは肥料切れをよく起こす野菜なので、最初の追肥後は10日~2週間に1回程度、定期的に追肥を行っていきましょう。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

ナスの状態を見て栄養チェック

ナスの花や茎・葉を見て、栄養がちゃんと行き届いているかを確認することができます。

・花の中央に1本だけあるメシベがその周りを囲んでいるオシベより短くなっている
・花びらの色が薄く(白っぽく)なっている
・茎や葉が弱々しくなっている

こんな時は栄養不足の可能性が高いので、追肥を行いましょう。

ナスのお世話

ナスのお世話

実のつきを良くするためには、わき芽(茎の付け根から出てくる芽)を摘み取る必要があります。一つ目の花が咲いたら、その花より二つ下までわき芽を残し、それより下のわき芽を摘みとって伸ばす枝を3本だけにします。

3本の枝にそって、長さ2m程度の支柱を地面から30cm~40cmで交差させて立てます。プランターの場合は長さ1.5m程度の支柱を株のわきに立てて、誘引テープや麻ひもで結び、枝が扇状に広がるように誘引して、日当たりと風通しを良くします。

全体的に枝が伸びてきたら、余分な枝を取り除いて風通しが良くなるようにしてあげます。また、混み合った葉を取り除いて、日の光が行き渡るようにします。主枝が高くなりすぎると収穫しにくくなるので、適度な高さで茎の先端を摘み取り、成長を抑えましょう。

ナスの収穫

ナスは大きく育てようとすると、株が疲れてしまい収穫量が減ってしまいます。そのため、家庭菜園で育てたナスは未成熟のうちに早採りすることがおすすめです。特に1番始めにできたナスは、株を成長させるために小さいうちに収穫をしましょう。ナスの品種にもよりますが、およそ10cm~13cm程度に成長した頃が収穫のタイミングです。

また、ナスは「切り戻し」という作業を行うことで秋頃まで収穫が楽しめます。
収穫のピーク後、葉を1~2枚残し、短い枝や生育の良い芽も残して枝を切り落とします。また株元から30cmくらい離してスコップを入れ、古い根も切っておきます。この切り戻し作業から1ヶ月もすれば、再び花が咲いて2度目の収穫を行うことができます。

ナスを家庭菜園で育てる時は!植物活力液HB-101

私が家庭菜園でナスを育てる際は、植物活力剤HB-101を使って、完全無農薬で栽培しています。播種前に種をHB-101の1,000倍液に一晩漬けて発芽を促すようにしています。このひと手間で種の不良が殆ど見られず、苗の草丈が揃いよく育ちます。また苗作りの時に、堆肥や油粕や化学肥料を土に混ぜる際、顆粒HB-101を加えます。苗植え付け後は3日に1回、HB-101を加えた水をまくのも育て方のポイントです。HB-101でナスを育てると、丈夫でしっかりと生育しより多くの収穫量があります。

HB-101は杉や檜(ヒノキ)、松、オオバコなどから抽出したエキス成分により植物の活性化を促す活力剤。植物の栄養素に欠かせない微量要素も含んでいるので植物の成長や土壌微生物の活性化を促すとされています。ぜひナスを育てる際には、植物活力剤HB-101を試してみてください。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

まとめ

家庭菜園で作る!ナスの育て方をご紹介します まとめ

ナスの育て方のポイントは、乾燥に注意して水やりを行うことです。また、栄養不足にならないよう、収穫期間は追肥をする必要があります。花が咲き始めたら枝や芽を摘み取る手入れを行い、たくさん実がなるようにしてあげましょう。自分で栽培したナスで、漬物や炒めもの、天ぷらなど、ぜひ色々な料理を作ってみてください。

家庭菜園で作る!ゴーヤの育て方をご紹介します

ゴーヤの育て方のポイントとは?

ゴーヤの育て方のポイントとは?

家庭菜園では苗から育てるのが一般的です。ゴーヤの苗は葉と茎の色が濃く、本葉が2~3枚ほどついているものを購入しましょう。植え付けの時期は4月上旬から5月下旬が適しています。高温を好むので、気温が十分高くなってから植え付けます。日当たりがよく水はけのよい土壌を選びましょう。

植え付けの2週間ほど前に、土に苦土石灰を畑1M2あたり3にぎり(約150G)と、完熟牛糞堆肥を畑1M2あたり6ℓと化成肥料を畑1M2あたり3にぎり(約150G)をまいて耕します。畝を立てておき、50CM以上間隔をあけて苗を植えていきます。苗は畑に植える前に、たっぷりと水やりをしておきます。つるが巻きつくように長さ240CMくらいの支柱を立てて、キュウリ用のネットを張っておきましょう。合掌式に支柱を立てると、葉が茂って風を受けても倒れにくいのでおすすめです。水やりですが、植えたときはたっぷりとあげ、そのあとは控えめで大丈夫です。

つるが伸びてきたらネットに引っ掛けて誘引をします。花が咲き始めたら追肥をおこない、2週間に1回ほど肥料を足してあげます。窒素肥料が多すぎると実がつきにくくなるので、注意しながら与えるのが育て方のポイントです。開花してからすぐに実がなり、15日~20日で収穫できます。放っておくと黄色に熟して実が裂けてしまうので気をつけてください。

天然植物活力液HB-101
天然植物活力液HB-101

ゴーヤをプランターで育てる時の注意点

ゴーヤをプランターで育てる時の注意点

深さ30CM以上の大きめのプランターを用意し、苗株の間隔を40CMあけて植えていきます。つるは広がって伸びていくので、初心者の方は植える本数に注意した方がよいと思います。緑のカーテン用の水はけのよい培養土を使い、ホームセンターで購入できる長さ2Mくらいの支柱と緑のカーテン用のネットを用意してつるを誘引できるようにしておきます。ベランダや軒下の取り付けには、安定感のある突っ張りタイプの支柱が便利です。

ゴーヤは病気になりにくいですが、水や肥料のやりすぎには気をつけましょう。もし、葉に白い斑点ができる「うどんこ病」などの病気になった場合は、軽症のうちに水で薄めた酢や重曹などを散布し対処しましょう。また、害虫が発生した場合も早めに駆除してください。

ゴーヤの摘心や剪定のタイミングはいつ?

実をたくさんつけさせるためには、葉やつるを摘み取る摘心という作業が重要です。主枝がネットの高さ以上に伸びてきたら、太い親づるの先を摘心します。ゴーヤの実は子づるに多くつくので、わき芽を伸ばして実をつけやすくしてあげます。

また、葉やつるが混み合ってくると、病気の原因にもなるため剪定作業をしていきます。夏は特に葉が生い茂るので、定期的に剪定をして日光不足になるのを防ぎましょう。つるの長さや葉のつき具合を見て摘心や剪定をおこなうことにより、実がより多く収穫できます。

ゴーヤを家庭菜園で育てる時は!植物活力液HB-101

私が家庭菜園でゴーヤを育てる際は、植物活力剤HB-101を使って完全無農薬栽培しています。ゴーヤの育て方のポイントとしては、花が咲き始めたらHB-101の千倍液を2週間に1回ほど与えています。ゴーヤは栄養を与えすぎると実がつきにくくなるので、成長の様子を見ながら追肥しています。

HB-101は杉や檜(ヒノキ)、松、オオバコなどから抽出したエキス成分により植物の活性化を促す活力剤。植物の栄養素に欠かせない微量要素も含んでいるので植物の成長や土壌微生物の活性化を促すとされています。収穫量、品質、色合い、食味が良くなるので欠かさず与えています。家庭菜園でゴーヤを育てる際には、ぜひ植物活力剤HB-101を試してみてください。

天然植物活力液HB-101
天然植物活力液HB-101

まとめ

家庭菜園で作る!ゴーヤの育て方をご紹介します まとめ

夏にぴったりのゴーヤは、水やりをあまり必要とせず、育て方は難しくないため初心者の方にもおすすめです。また伸び過ぎたつるの摘心をすることで、実をたくさん付けさせることができます。
日よけのカーテンとして、また夏バテ予防の食材として、ぜひ栽培をしてみてください!

家庭菜園で作る!シュンギクの育て方をご紹介します

家庭菜園で作る!シュンギクの育て方をご紹介します

シュンギクを育てる時期

シュンギクが好むのは15~20度と涼しい気候です。そのため、春(4~5月)と秋(9~10月)に種をまきましょう。秋のほうが収穫期の害虫が少なく、たくさん収穫できるためおすすめです。

シュンギクの種の選び方と植え付けのコツ

シュンギクの種の選び方と植え付けのコツ

シュンギクの品種で特に栽培しやすいのは、「きわめ中葉春菊」や「中葉春菊」、「菊次郎」です。
土は市販の野菜用培養土か、赤玉土(小粒)6:腐葉土2:バーミキュライトの割合で混ぜた土を使用するのが、育て方のポイントです。

植え付けの際には、土に幅10~15cm程度で2列、深さ0.5cm程度の浅い溝を作ります。1~2cm間隔で種を筋まきにし、光を十分に取り込めるよう5mm程度に土をかぶせましょう。発芽率があまりよくないため、種は多めにまくことをおすすめします。

シュンギクの水やりと追肥のコツ

・シュンギクは乾燥に弱いため、土の表面が乾かないよう、プランターの底から漏れ出るくらい水をたっぷりと与えましょう。
・肥料は、まず2回目の間引き(※1)の後に、野菜用の有機肥料を与えます。
・その後は2週に1度程度さらに化成肥料を追加するか、週1度程度液体肥料を与えるとよいでしょう。追肥の際、根元がぐらついていたら、土寄せをしましょう。

天然植物活力液HB-101
天然植物活力液HB-101

シュンギクの害虫対策

シュンギクの害虫対策

シュンギクは比較的害虫に強い野菜のため無農薬での育て方も可能ですが、暑くなってくるとアブラムシなどがつく可能性があるため、心配な方は、防虫用のネットや粘着シートなどを活用するとよいでしょう。

シュンギクのお世話

発芽後は、本葉が1~2枚になったら3~4cm間隔、3~4枚になったら5~6cm間隔、6~7枚になったら10~15cm間隔になるよう間引きます(※1)。間引いた葉もぜひ食べましょう。
また、耐寒性はありますが5度以下になると葉が痛んでくるため、秋の種まきの際には不織布のトンネルなどを作って防寒することをおすすめします。

シュンギクの収穫

シュンギクの収穫

草丈が20~30cm程度になったら収穫します。この時、下のほうの葉3~4枚を含め根元を4~5cm残しておくことを忘れないようにしましょう。残した葉の付け根から脇芽が伸びてきたらまた収穫します。これを何回か繰り返します。収穫後に肥料を与えると、成長が促されます。花茎が伸びてきたら収穫は終わりですが、そのまま放置しておくと、春に黄色い花が楽しめます。

シュンギクを家庭菜園で育てる時は!植物活力液HB-101

私は家庭菜園で、化学肥料は使用せずに、植物活力液HB-101を使ってシュンギクを栽培しています。使うタイミングは、シュンギクの葉が3・4枚の頃、2回目の間引きをした後に植物活力液HB-101の千倍液を散布しています。その後も2週間に1度の頻度で、HB-101を与えています。
無農薬なので安心して使用できますし、シュンギクの葉の色つやが良く、茎もしっかりしていて味も美味しくなります。

HB-101は杉や檜(ヒノキ)、松、オオバコなどから抽出したエキス成分により植物の活性化を促す活力剤。植物の栄養素に欠かせない微量要素も含んでいるので植物の成長や土壌微生物の活性化を促すとされています。
ぜひ家庭菜園でシュンギクを育てる際には、植物活力剤HB-101を試してみてください。

天然植物活力液HB-101
天然植物活力液HB-101

まとめ

香りがよく栄養豊富でさまざまな食べ方ができ、害虫にも強いシュンギクは、家庭菜園にぴったりの野菜です。時には花を咲かせて楽しむこともできますね。食用としても観賞用としても魅力的なシュンギク。紹介した育て方のコツを参考に、あなたもぜひチャレンジしてみてください!

※1 発芽後など植物が成長したときに込み合っている株を抜きとったり、茎を切りとったりして間隔を広げること。