2020年 12月 の投稿一覧

正月の寄せ植えをつくろう!シーズンイベントを楽しむガーデニング

正月の寄せ植えをつくろう!シーズンイベントを楽しむガーデニング

正月の寄せ植えのポイント

正月の寄せ植えのポイント

正月の寄せ植えを作る際には、いくつかポイントがあります。
ちょっとしたコツで正月の寄せ植えがランクアップしますのでチェックしてみましょう。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

縁起のよい植物を使う

正月の寄せ植えを作る際には、縁起のよい植物を使うのがポイントです。
日本には、松・竹・梅と言われるように、古来から縁起がよいとされる植物があります。
また紅白のものを入れるなど、縁起のよい寄せ植えを作るようにしてみましょう。

寒さに強い植物でまとめる

正月の時期は、寒さが厳しい時期。
お正月の間は家を留守にする人も多いでしょう。
ですから寒さに強く、育てやすい植物でまとめるのがポイントです。
通常の寄せ植えではあまり使われない樹木を使ってみるのもおすすめですよ。

色合いと高さに気をつける

正月の寄せ植えを作る時には、あまりカラフルになりすぎないように注意しましょう
基本は緑、白、赤でまとめるとしっくりとまとまります。
また、横に広がるより縦に高さを出したほうが正月らしくまとまります。
竹などを使って高さをだす演出もおすすめです。

正月の寄せ植えにおすすめのグッズ

正月の寄せ植えにおすすめのグッズ

正月の寄せ植えを作る時には、植物の種類だけでなく使用するグッズにもこだわりたいですね!
ここでは、正月の寄せ植えにおすすめのグッズを紹介します。

プランター

寄せ植えに必要なグッズといえば、プランター。
正月の寄せ植えに使うプランターは、黒や濃いめの茶色がおすすめ。
暗めの色のプランターに寄せ植えをすると、正月の厳かな雰囲気を増してくれます
また四角い角形のプランターを使うと、きちんとした印象になりお正月にぴったりです。

正月飾り

お正月モチーフのピックや飾りなどで寄せ植えを飾ってみましょう。
その年の干支のモチーフや紅白の飾りものなど、100均や雑貨店などにも季節飾りが多く市販されています。
手に入りにくい花木は、フェイクフラワーで補っても良いですね。
また、竹を使って門松のように演出するのも正月らしくおすすめです。

水引

水引は正月らしい演出に欠かせないグッズです。
金銀、赤などおめでたい色の水引をデコレーションすると、華やかでお祝い気分も上がるのでおすすめです。
寄せ植えのワンポイントになりますので、年末、年始と変えて楽しんでも。

正月の寄せ植えにおすすめの植物

ここでは正月の寄せ植えにおすすめの植物を紹介します。
縁起がよく、寒さに強い植物を選んで正月の寄せ植えを作ってみましょう!

松常緑樹である松は、1年中緑であることから生命力や長い命を象徴するものとされ、縁起のよい植物の代表です。
樹齢も長く、不老長寿のシンボルとしても縁起がよく正月にぴったり。
寄せ植えに使用するサイズの樹木が手に入らない場合には、切り枝を使用するのも手。
松が入るだけでグッとお正月らしくなりますので、ぜひ取り入れたい植物です。

竹も縁起のよい植物の代表ですね。
冬でも青々と緑の幹をまっすぐに立たせている姿が強さ、生命を願う縁起物とされています。
また成長が早いのも縁起がよいとされ、お正月にぴったりです。
寄せ植えのサイズに剪定し、飾りとして使うのが一般的です。
手に入らない場合は笹をあしらってもよいでしょう。

梅は、何よりも早く咲く花として出世や繁栄を表し縁起が良いと去れています。
紅白の色合いもおめでたく、縁起物として重宝される理由。
正月の飾りには欠かせない樹木ですね。
手に入らなければフェイクフラワーで代用しても良いでしょう。

千両(せんりょう)

鮮やかなグリーンの葉に小さい赤い実をつける千両。
冬の庭を彩る植物であり、名前からも豊かさや富を象徴する縁起物とされています。
お正月には欠かせない枝物で、生花に使うご家庭も多いでしょう。
寄せ植え用の根がついたものは手に入りにくいので、枝を一緒に生けこむだけでも雰囲気がでますよ。

葉牡丹(はぼたん)

正月の寄せ植えにおすすめの植物大きな葉を広げる葉牡丹は、クリスマスからお正月の定番の花とです。
色も様々ですが、赤や紫系と白系のグラデーションで合わせると紅白でおめでたい花とされています。
長持ちで春まで咲き続けるのも嬉しい特徴。
正月の寄せ植えには欠かせない花です。

南天(なんてん)

南天(なんてん)南天も、赤い実や赤い葉がおめでたい季節のお祝いの樹木とされています。
「難を転ずる=難転(なんてん)」とも言われて正月飾りに重宝される縁起物。
南天の鮮やかな赤い葉が寄せ植えに入るとグッとしまって正月らしくなりますのでおすすめです。
地に植えると大きく育つので、寄せ植えの後は地に植えても良いでしょう。

植物の土作り、土壌改良に「顆粒HB-101」

正月の寄せ植えは色味がポイント。長く鮮やかに寄せ植えを保つ為には土作りが大切です。
顆粒HB-101で良い土を作り、正月の寄せ植えを長く楽しみましょう。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

まとめ

正月の寄せ植えには、日本らしい縁起物を使うのがポイント
正月気分も増し、厳かな気分で新年を迎えることができます。
年末の暖かい日を利用して、お正月用の寄せ植えを作ってみてください。
おめでたい紅白の寄せ植えで迎えられれば、良い一年になりそうですね!

ガーデニングは旅行で留守にしても安心?「留守中の水やり」の方法

ガーデニングは旅行で留守にしても安心?「留守中の水やり」の方法

ガーデニングの肝!水やりをおさらい

ガーデニングの肝!水やりをおさらい

水やりといえばガーデニングの基本であり、永遠のテーマでもあります。
旅行の水やりを考える前に、普段のガーデニングでの水やりについておさらいしましょう。
旅行で枯らさないガーデニングをするためには、普段の水やりをどうしているかも大切になりますよ。

水やりは控えめが基本

植物の性質にもよりますが、ガーデニングの水やりは控えめが基本です。
控えめというのは、水やりと水やりの間隔をできるだけあけることを言います。
一度にあげる量は、鉢そこから水が勢いよく出るくらいたっぷりと。チョロチョロと少ない量を頻繁に与えるわけではないのがポイントです。

基本的には土の中が乾いたら、たっぷりと水やりをするようにしましょう。普段のガーデニングから、土の状態を観察しておきます。
というのも、水のやりすぎは植物を甘やかすことになり根を成長させなくなってしまうのです。
根を張って水分を探さなくてもどんどん水がくるから楽をしてしまうんですね。

根の張りが弱いと、土の表面が乾燥しただけですぐに水分不足に陥ってしまい萎れてしまいます。
旅行で数日開けただけでも植物にとってダメージになってしまうことも。
普段のガーデニングから水のやりすぎを控えて、地中深く根を育てることを意識してくださいね。

水やりの仕方は地植えと鉢植えで違う

ガーデニングのスタイルによって水やりのしかたは異なります。
地植えは降雨もある分、水やりの頻度は少なめでOKです。中には水やり不要な植物もあるほどです。

一方の鉢植えは、用土が乾いたら水やりが必要です。
旅行で家をあけるときは、地植えか鉢植えかによっても対応が変わってきます。
自分のガーデニングのスタイルを考え、普段から最適な水やりの頻度を把握しておくようにしましょう。

季節を考えて水やりする

ガーデニングにおいては、季節でやりかたを変えていくことも必要です。
季節によって、必要な水やりの頻度は異なるからです。旅行中のガーデニングの水やりを考える上でも季節の水やりを把握しておくことは重要です。

基本的には、夏は一日2回以上水やりが必要な場合も多い一方で、冬は何日か水やりをしなくても大丈夫なケースが多いものです。
また、開花期か休眠期かによっても必要な水の量が変わります。開花期の植物は、普段より水やりが必要となることが多いです。
ガーデニングで育てている植物にとって、水がたくさん必要な時期と少なくていい時期をわかっておくと、旅行中の水やりがやりやすくなります。

天候をチェックする

ガーデニングでは、湿度が高かったり雨が多い時期には水やりの頻度を少なくしても大丈夫です。
晴れが続いた場合と雨が続いた場合、それぞれどのくらいで土が乾くのかを知っておくと、旅行の水やりを考えるときに役立ちます。
普段から天候をチェックしてガーデニングすると、植物の調子が見抜けるようになってきます。旅行を控えているときは、水やりを考える上でも天候のチェックは欠かさずに行いましょうね。

旅行の長さ別水やりの仕方

旅行の長さ別水やりの仕方

旅行中に必要となるガーデニングでの水やりは、家をあける長さによってやり方が変わってきます。
短期の旅行、中期の旅行、長期の旅行に分けて対策をご紹介します。

2,3日程度の旅行

2,3日程度の短期旅行の場合は、ガーデニングに特別な対策がいらないケースがほとんどです。

旅行出発直前に、地植えのものも含めて全ての植物にたっぷり水やりしておけば、ほぼ心配ありません。

【夏の旅行の場合】

ただし、真夏旅行の場合は数日の水不足で枯れてしまうこともあります。
梅雨開け以降~9月ごろまでの、気温が30度を超える時期の旅行であれば、ガーデニングに対策が必要になります。

以下の対策で旅行で留守中の水やりを乗り切りましょう。

● 日除けをする(または、日陰に移動させる)
● マルチングをして土の水分の蒸発を防ぐ
● 鉢カバーをする

4~6日程度の旅行

4~6日程度の中期の旅行は、毛細管現象を利用してペットボトルから給水できるアイテムを使用すると安心です。
給水の際には、2リットルペットボトルを用意してください。

真夏はペットボトルの水が熱くなってしまうため、発泡スチロール等のなかに入れて水温の上昇を防ぎましょう。
なお地植えの植物であれば、乾燥に弱い植物以外は問題ない場合も多いです。
真夏以外であれば、旅行出発前の水やりを十分に行えば大丈夫。いつもよりたっぷりと水やりしてあげましょうね。

1週間以上の旅行

1週間以上の長期旅行の場合は、ほとんどの植物で本格的なガーデニング対策が必要となってきます。便利なアイテムを使って、ガーデニングを乗り切ってください。
長期に家をあけるときにおすすめしたい、ガーデニングアイテムをご紹介します。

散水タイマー

値段や機能が様々な散水タイマー。忙しい時など、普段のガーデニングにもあると便利なアイテムです。安いものだと3000円代で手に入ります。
散水タイマーには様々なタイプがあります。水の引き方も、水道からのものとタンクからのものがあります。タイマー機能も、細かく時刻を設定できるもの、水量を設定できるものまで様々です。

保水剤
水やりを楽にするガーデニングアイテムとして「保水剤」というものがあります。
保水剤は土に混ぜて使うもので、水や肥料の持ちを良くし根腐れ防止効果もあります。
保水剤を土に混ぜ込みしっかりと散水をすれば、水を吸収して土に留め、1週間ほどの水持ちが期待できます。
10日以内の旅行の予定があれば、利用してみるのがおすすめです。
使い方は各メーカーの保水剤によって異なるので、説明を読んでから使用してくださいね。

【まとめ】水やりの工夫で旅行も安心!

留守中のガーデニングをどうするかを考えるためには、季節ごとの水やり頻度を知っておくことが大切です。
植物は生命力が強く、多少の水不足では枯れません。普段からガーデニングの水やりを正しく行い、健康的な株に育てておくのが一番の対策になります。
メリハリのある水やりで立派に根を成長させ、旅行の長さに応じた対策をすることで安心して旅行を楽しんじゃいましょう!

観葉植物にキノコが生えた?!対処はどうやってするといいの?

観葉植物にキノコが生えた?!対処はどうやってするといいの?
天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

観葉植物にキノコが生えた原因

観葉植物にキノコが生えた原因

観葉植物の土にキノコが生えてしまった原因は、大きく分けて3つが考えられます。
1. キノコの胞子
2. 湿度
3. 観葉植物の置き場所

この3つの原因が合わさると、キノコが生えてくる可能性がぐんと高まるのです。
原因についてひとつひとつ解説してきます。

観葉植物にキノコが生えた原因1 キノコの胞子について

キノコの胞子は、植物で言う種のようなもの。胞子がないところにキノコが発生することはありません。
観葉植物からキノコが生えたということは、観葉植物の用土の中に胞子が含まれていたか、外から飛んできた胞子が観葉植物の用土についたかのどちらかである可能性が考えられます。

観葉植物にキノコが生えた原因2 湿度について

キノコはジメジメした場所が大好き。
森の中、湿った落ち葉の間から顔を出しているイメージがありますよね。キノコは、まさしくそういった湿度の高い場所に生息しています。
観葉植物にキノコが発生する季節も、湿度の高い時期に偏っています
梅雨時期や秋雨が続く時期など降水量が多い時期になると、にょきっと生えた姿が多く見られるようになります。

観葉植物にキノコが生えた原因3 観葉植物の置き場所について

観葉植物の置き場所が次のような場合は、キノコが発生しやすい環境と言えます。

● 風通しが悪い
● 日当たりが悪い
● 湿度が高い

薄暗く、ジメジメした観葉植物の土は、まさにキノコが生えるのに最適な環境。
キノコが生えた場合は、こういった置き場所の条件が重なっていないかをチェックしましょう。

観葉植物にキノコが生えたらどうなるのか

観葉植物にキノコが生えたらどうなるのか

観葉植物の土からキノコが生えた場合、人や植物にとって害があるのでしょうか?
結論としては、口にしない限り害はない。ということになります。
それでは、人への影響と、観葉植物への影響について詳しく見ていきましょう。

キノコが生えたことで起こる人への影響

キノコが生えたこと自体が、人の健康を害することはまずありません。
しかし、小さい子やペットがいる場合は注意が必要な場合があります。

というのも、小さいこどもやペットは、生えたキノコを口にしてしまう可能性があるからです。
キノコに毒性があった場合は、口にすると人体に悪い影響を及ぼすことがあります。
毎年秋になると、キノコによる中毒のニュースがあとを絶ちませんよね。
観葉植物に生えたキノコが猛毒である可能性はかなり少ないですが、微弱な毒のあるキノコは公園などの身近な自然にも存在しています。
小さなこどもやペットのいる家庭では、キノコが生えたら早急に対処したほうがよいでしょう。

観葉植物への影響は?キノコが生えた土に問題あり

観葉植物への影響ですが、キノコ自体というより、キノコが生えた土の環境に問題があります。
キノコが生えた原因は、ジメジメした土の環境にあります。そういった土は、病害虫の原因にもなり観葉植物にとってよい環境とは言えません。
水のあげすぎではないか、置き場所の風通しや日当たりが悪くないか、いまいちど観葉植物が置かれている環境や育て方に問題がないか確認してみることが大切です。

観葉植物にキノコを生やさないための対策

観葉植物にキノコを生やさないための対策

観葉植物にキノコが生えたときの対策法です。次の3つを試してみましょう。

1. キノコを取り、土の表面を捨てる
2. 観葉植物の鉢を日光に晒す
3. 土を熱殺菌する

まずは、生えたキノコをピンセット等で抜いて捨てます。キノコは胞子を飛ばして増えるので、早めに対処するのが肝心です。
キノコ自体や表面の土を捨てる際には、胞子が漏れないように袋に密閉して捨てましょう。
※土の廃棄はお住まいの自治体の廃棄方法を確認しましょう。

次に、観葉植物の鉢を日光に当てて乾燥させます。キノコは乾燥状態に弱いので、水やりも控えめにするといいですよ。
それでもキノコが生えた場合は、土を取り出して熱殺菌する方法があります。

熱殺菌には黒いビニール袋を使います。
観葉植物の土を黒いビニール袋につめて日光のもとに置いておくと、袋の内部が高温になり熱殺菌されるのです。
キノコの胞子や菌類を死滅させる効果があるので、どうしても状況が改善しないときは試してみると良いでしょう。

小さいこどもやペットがいない場合は放置でも大丈夫

キノコは生えたとしても放置すると枯れてしまうことがほとんど。無害だからと、そのままにしている人も多いとか。
小さいこどもがいない場合や見栄えが気にならないときは、生えたキノコをそのままにしていても問題はありません。

【まとめ】キノコ発生には、早めの対処と健康的な土を保つことが大切!

まとめると、キノコが生えたときには「観葉植物の置いてある環境に問題がないか」「小さなこどもなど、キノコを口にする危険がないか」を確認すること。
そして、「すぐに表面の土を捨てること」「観葉植物を、日当たりや風通しのいい場所で乾燥気味に管理すること」で対処してください。
大した害が無いとは言え、気になってしまう観葉植物に生えたキノコ。
必要以上に心配しなくても大丈夫ですが、適切な対応で観葉植物を健康的に育てていきましょう!

天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

初心者でも簡単にオシャレな花壇作り!親子で楽しむ花壇の作り方♪

初心者でも簡単にオシャレな花壇作り!親子で楽しむ花壇の作り方♪
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

作り方が簡単な花壇とは?

作り方が簡単な花壇とは?

子供と一緒に作れるほど、作り方が簡単な花壇とは。
それはズバリ、レンガを土にうめ込んで作る花壇です。

レンガを土にうめ込む作り方は、園芸初心者さんに圧倒的におすすめの作り方なのです。
今回ご紹介する簡単花壇には、3つのおすすめポイントがあります。

● モルタルを使わないこと
● 道具が最低限で済むこと
● 作るのに時間がかからないこと

業者を使って花壇を作ってもらったほうが、美しく立派なものができるのは確か。
ただし、業者に頼むと金額も大きくなります。さらに、やっぱりここをこうしたかった…という変更ができません。

一方、これからご紹介する簡単花壇の作り方だと、モルタルを使用しません。
ガッチリと固定されないので、大きさを変えたり場所を移動するのも非常に簡単です。
しかも、初心者であっても十分可愛らしくおしゃれなものが出来上がりますよ!

簡単花壇であれば、作り変えが簡単

簡単花壇はレンガを土にうめる作り方なので、作り変えが自由自在に行えます。

初めてのお庭づくりでは、レイアウトを決めるのが難しいものです。
園芸初心者の場合、想像していた花のイメージと実際開花したときのイメージが異なるということはよく起こります。
一斉に開花するところを想像していたのに、開花時期が微妙に違っていて寂しい花壇になってしまった…なんてことも。

そんなとき、作り変えやすい花壇にしておくことで後悔することなく庭づくりができます
業者に頼むより圧倒的に安く仕上がりますし、作り変えの際にレンガを再利用することもできます。
そういった点でも、初心者におすすめの作り方と言えるのです。

簡単花壇づくりに必要な材料

簡単花壇づくりに必要な材料

簡単花壇に必要なものは「必ず用意しておくもの」と「用意しておくと便利なもの」に分かれます。すべてホームセンターでの購入が可能です。(念のため、訪問前にはお近くのホームセンターをご確認ください。)
用意しておくと便利なものについては、より花壇を丈夫にしたいときや作業を楽にしたいときに有効な道具です。
必要に応じてそろえてみて下さいね。

必ず用意しておくもの

道具名 目的
シャベル 花壇の土を耕すために使います。
ガーデニング必須の道具ですが、広範囲を耕すのには労力がかかります。
くわがあれば、より簡単に耕せます。
スコップ 庭のイメージに合う、好きなレンガを選びましょう。
縦に並べていくため、厚みがある大きいレンガの方が見栄えがします。
レンガ 花壇の微調整や、隙間に土をつめる時に使います。
植物苗を植え付ける時にも使用します。
麻ひも 花壇の縁取りを決めるときに使用します。
100円ショップで購入できます。
支柱 麻ひもで花壇の縁取りを決める際に使用します。
植物を育てる上でも必須になるので、複数本持っておくとよいでしょう。
100円ショップで購入できます。

用意しておくと便利なもの

道具名 目的
くわ 広い範囲を耕すときに役立ちます。
スコップより力をかけずに土を耕すことができます。
ゴム製のハンマー うめ込んだレンガを上からたたき、しっかりと固定させるために使用します。
砕石 花壇レンガの沈下防止効果があります。安定性がほしいときに使用します。

簡単花壇の作り方

簡単花壇の作り方

ご紹介する簡単花壇の作り方は2種類。レンガを「斜めにうめる作り方」「縦にうめる作り方」です。
基本の作り方は同じなので、まとめてご紹介します。

簡単花壇 基本の作り方

1. 花壇の位置を決め、麻ひもで形を縁取ります。スタートとゴールや角となる場所に支柱をつけるとわかりやすくなります。
2. 縁取った麻ひもで、花壇のスタートとゴールにあたる場所に印をつけ、花壇の外周となる長さを測ります。長さに応じた数のレンガを購入しましょう。
3. 花壇にする場所の土を耕します。
4. 外周となる部分に浅く溝を掘ります。
5. 溝の部分にレンガを埋めて、外周を作っていきます。

5.の工程のレンガの埋め方を、「斜め」にするか「縦」にするかで出来上がりの印象が異なります。
イメージに合う方を試してみてくださいね。

次から、それぞれの作り方のポイントを解説していきます。

簡単花壇その1 レンガを斜めにうめる作り方

簡単花壇その1 レンガを斜めにうめる作り方

斜めにうめる方法は、縁が曲線となる花壇に向いています。四角い花壇にすると、角の部分に隙間ができてしまうためです。
作り方としては、ひたすら斜めにしてレンガを土に差し込んでいくだけなので非常に簡単。
筆者の家では、外周3メートルほどの花壇を30分程度で完成させることができました。
3歳の息子も、楽しんでパパとレンガ運びを手伝っていましたよ。

簡単でオシャレな作り方のコツ

簡単でオシャレな作り方のコツ

埋める深さを一定にして高さをそろえること、曲線がでるようにならべることです。
斜めの配置や曲線により表情が出やすいので、あえて高さは均一に。ごちゃごちゃした印象を与えないことが美しく見せるポイントになります。
ゴム製のハンマーがあれば、レンガを叩いて調節したり、しっかりと固定させることもできます。
とはいえ、水平器等をつかって厳密ならべようとしなくても大丈夫。アンティークな手作り感のある花壇になります。

簡単花壇その2 レンガを縦にうめる作り方

簡単花壇その2 レンガを縦にうめる作り方

縦にうめる作り方では、直線的・曲線的どちらに合わせて作ることも可能です。斜めにうめる作り方よりも少ないレンガの数で花壇ができます
斜めにうめる作り方にくらべて安定性に欠けるので、深めに土の中に埋めていくのがポイントです。
植物を植え付ける部分はしっかりと耕し、排水性を確保しましょう。

簡単でオシャレな作り方のコツ

簡単でオシャレな作り方のコツ

地表にでるレンガの高さをあえて変えて、動きをだすのがオシャレに見せるポイント
また、微妙に色合いが異なるレンガを並べていくのもよいでしょう。
縦にうめる作り方では、単調な印象を与えがちになります。
並び方で動きをだすことで、ナチュラルな風合いを演出することができます。

【まとめ】簡単花壇で今日からガーデニング♪気軽にチャレンジしてみて

今回ご紹介した簡単花壇の作り方は、モルタルなしの少ない材料で小さい花壇づくりからスタートできるのが一番の魅力。
慣れてきたら小さい花壇をいくつも作ってもよし、作り変えて大きい花壇にしてもよし、ガーデニングの幅が無限に広がります。

まずは、ほんの小さい花壇づくりから親子で始めてみてください。徐々に完成する花壇づくりの楽しさを実感できるはずですよ♪

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

クリスマスの寄せ植えをつくろう!シーズンイベントを楽しむガーデニング

クリスマスの寄せ植えをつくろう!シーズンイベントを楽しむガーデニング

クリスマスの寄せ植えがおすすめのワケ

クリスマスの寄せ植えがおすすめのワケ

クリスマスの寄せ植えづくりをするときは、通常の寄せ植えとは違ったポイントを意識する必要があります。
ここでは、クリスマスの寄せ植えづくりのコツを解説します。

庭に季節感が出る

クリスマスの寄せ植えは、庭に季節感を作ってくれるのでおすすめです。
一年でいちばん街がきらびやかになるクリスマスシーズン。
インテリアだけでなく、自慢のお庭でもぜひ楽しみたいですね。

クリスマス後も長く寄せ植えを楽しめる

クリスマスシーズンに使う植物は、寒さに強い樹木や花が中心になります。
そのため、クリスマスが終わってもお正月、花の少ない冬の時期でも長く楽しめます
低温や雪にも耐えられる、枯れない植物が多いので真冬でも元気に庭やベランダを彩ってくれるのは嬉しいですね!

庭やベランダがおしゃれになる

クリスマスの寄せ植えがあるだけで、庭やベランダがグッとおしゃれになるのでおすすめ。
明るい赤や緑を使うことでガーデニングのポイントにもなり、気持ちも明るくなりそう!
家族だけでなく、道行く人々も楽しませてくれるクリスマスの寄せ植えを作ってみましょう。

クリスマスの寄せ植えにおすすめのグッズ

クリスマスの寄せ植えにおすすめのグッズ

クリスマスらしい寄せ植えを作るためには、植物の種類だけでなく寄せ植えに使うグッズにもこだわりましょう。

プランター

寄せ植えに必要なグッズといえば、プランター。
アンティーク調のプランターを選ぶと、雰囲気が出ておすすめ。
赤や緑で華やかなクリスマスの寄せ植えを、大人っぽく彩ってくれます
ブリキなどダークな色味のものを選ぶと、季節感も出ておしゃれに仕上がりそうですね!
また、テラコッタポットなどの素焼きのものや木製など素朴なプランターもおすすめです。

サンタや雪だるま

クリスマスの寄せ植えに外せないのは、サンタや雪だるまの飾りつけ。
装飾用のピックを寄せ植えに使用してみてはいかがでしょうか。
100均でもたくさん市販されていますので、屋外でも使えるクリスマスグッズを活用すると、クリスマス気分がアップしますね!
ピックのように刺して使うほか、寄せ植えのポイントに葉や花の間に飾るだけでも。

ウッドチップ、バークチップ

ウッドチップやバークチップを使うのもおすすめのテクニックです。
素朴な茶色のチップを使うことで赤や緑の寄せ植えをグッと引き締めてくれます
素朴な雰囲気がクリスマス感を高めてくれますのでぜひ使ってみてください。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

クリスマスの寄せ植えにおすすめの植物

クリスマスの寄せ植えにおすすめの植物

秋から冬に楽しめる植物は、クリスマスにぴったりな植物がたくさんあります。
ここでは、クリスマスの寄せ植えにおすすめの植物を紹介します。

ポインセチア

ポインセチアクリスマスの定番の花といえば、ポインセチアを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか?
最近では観賞用に特殊栽培されたものも多く、赤だけでなくピンクや白、ラメ入りなどたくさん市販されています。
丈夫で育てやすいのでクリスマス後も冬の間長く庭やベランダを彩ってくれますよ。
大きな花と、広い葉っぱが特徴のクリスマスの寄せ植えには欠かせない花です。

ゴールドクレスト

ゴールドクレストクリスマスの定番樹木といえば、コニファー類。
中でもゴールドクレストは小さいものから市販されていますのでクリスマスの寄せ植えにぴったりなものが見つかります。
クリスマスツリーのように飾り付けをするのもおすすめ!

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンガーデンシクラメンもクリスマスの寄せ植えに欠かせない花です。
元々の原種を交配した小型のシクラメンですので、寄せ植えに使うのにもぴったりのサイズ。
花色も赤、ピンクだけでなく白や紫など豊富なのも嬉しいポイント。
葉の色も深いグリーンでクリスマス感が高まります。

アイビー

アイビーアイビーは寄せ植えには欠かせない植物。
下垂れするアイビーを添えることで寄せ植えに動きが出てレベルアップします!
もちろん、クリスマスの寄せ植えでも大活躍してくれます。
なるべく濃い緑のアイビーを選ぶと、クリスマスの寄せ植えの雰囲気がグッと高まります

葉牡丹

葉牡丹10月から2月頃まで楽しめる葉牡丹。
この時期にしか楽しめない植物はぜひクリスマスの寄せ植えに使いたいですよね。
葉牡丹は葉が色づき、寒くなるにつれて色が濃くなっていきます。
花の少ない冬に重宝され、ボリュームが出るので寄せ植えにも最適です。
特に紫に近い濃いめの葉牡丹を選ぶと、クリスマス感が出ますのでおすすめです。

シロタエギク

シロタエギクシルバーリーフの葉物も、クリスマスの寄せ植えには欠かせない植物。
まるでグリーンの葉に雪が積もっているような雰囲気になります。
シロタエギクは手に入りやすく、丈夫で育てやすくおすすめ。
それほど背が高くならないので寄せ植えにもおすすめです。

植物の土作り、土壌改良に「顆粒HB-101」

クリスマスの寄せ植えを長持ちさせるためには、土作りが大切です。
植物の土作り、土壌改良には顆粒HB-101がおすすめ。
冬の植物を生き生きと育てるためにも、土作りに気をつけましょう!

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

まとめ

まとめ

クリスマスを楽しむ寄せ植えの作り方のポイントを紹介しました。
クリスマスガーデンは、家族はもちろんですがご近所や通りがかりの皆さんにも楽しんでもらえるかもしれませんよね。
街がいちばんきらびやかになるクリスマスシーズンを、目いっぱい楽しんでみてはいかがでしょうか?