2019年 5月 の投稿一覧

グラウンドカバーって何?おすすめの植え方やメリットをご紹介。

グラウンドカバーって何?おすすめの植え方やメリットをご紹介。

そもそも、グラウンドカバーってなに?

そもそも、グラウンドカバーってなに?

グラウンドカバーとは、地面(グラウンド)を覆ってくれる(カバーする)植物のこと。
グラウンドカバーには、匍匐性(ほふくせい)のものや這う性質のある植物が使われます。
踏んでも大丈夫な常緑の植物や多年草やハーブはグラウンドカバーとしてもおすすめです。
身近なグラウンドカバーと、その目的を紹介します。

①芝生

芝生グラウンドカバーで一番に思いつくのは芝生でしょう。
庭や公園、競技場、ゴルフ場などの芝生は見た目だけでなく雑草対策にもなっています。
芝生は人が立ち入っても大丈夫な部分に使用されます。

②シバザクラ

シバザクラ河原や山の斜面などにシバザクラが敷き詰められているのを見たことはありませんか。
シバザクラは景観の向上を目的にして使われることが多く、春には白やピンクの小さい花をびっしりと咲かせます。
最近ではSNSで人気のシバザクラスポットも多い、グラウンドカバーに人気の植物です。

③壁面緑化

壁面緑化グラウンドカバーは、地面だけとは限りません。
都心部などで増えているのが壁面緑化。
緑が少ない都心部にグリーンを増やす取り組みです。
グラウンドカバーによりヒートアイランド現象の緩和や温暖化対策に役立っています。

④休耕田

休耕田田畑の多い地域では、休耕田や耕作を放棄した土地にクローバーなどのグラウンドカバーが植えられていることがあります。
クローバーなどマメ科の植物は、地力を増強したり、回復させたりといった効果があります。
休耕田は放っておくと育てる力が衰えていきますので、そのためにもグラウンドカバーが役立っています。

⑤堤防の法面(のりめん)

堤防の法面(のりめん)堤防の法面にもグラウンドカバーが利用されています。
主に雑草対策が目的ですが、景観の向上にもなっています。
それだけではなく、法面を風や雨から守る役目も担っています。
根が張ることで土や石を固定してくれるからです。
土壌流出を防止する目的としても活用されています。

⑥街路樹の根締め

街路樹の根締め街路樹の根元に植物を配しているのを目にすることは多いでしょう。
下草(したくさ)とも言われます。
玉竜(タマリュウ)などが利用されることが多いです。
雑草対策のほか、景観の向上にも一役買っています。
また、グラウンドカバーを配することで踏み入れを防止することができます。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

グラウンドカバーのメリット

グラウンドカバーのメリット

グラウンドカバーには、たくさんのメリットがあります。
庭づくりやガーデニングで困った時には大変役にたちます。
順番に見ていきましょう。

雑草対策

グラウンドカバーを利用すれば、雑草対策になります。
根をびっしりと張ってくれるので、地中の雑草の根や種の発芽を抑えることができます。
雑草は放っておくと背が高くなるものも多く、通行や視界を遮るなどの弊害が出てきます。
グラウンドカバーを利用することで回避できるようになります。

景観の向上

河原や山の斜面などにびっしりと植えられたシバザクラがSNSで写真スポットとして評判になっています。
また広い敷地に植えられたラベンダーなどは観光地としても人気担っていますね。
グラウンドカバーを利用した景観作りと合わせて、経済的な効果も出ています。

泥はねの防止

グラウンドカバーを利用すれば、泥はねを防止することができます。
雨や冬場の霜を防ぎ、不快な泥はねを防いでくれます。

砂埃の防止

砂埃は体にも悪影響を及ぼします。
グラウンドカバーを利用することで、砂埃などの飛散を抑えることができます。
アレルギーの方には大変嬉しい効果ですね。
沿岸部では塩害耐性のある植物を利用すると良いでしょう。

失敗しないグラウンドカバーにする植物の選び方

失敗しないグラウンドカバーにする植物の選び方

グラウンドカバーを植える際には、注意するポイントがあります。
失敗しないために良く考えて選ぶことをおすすめします。

植える環境にあったものを選ぶ

グラウンドカバーの植え方のポイントは、植える場所の日当たり、土壌の状態にあった植物を選ぶことです。
逆に植えたい植物の土壌にあっていない場合は、土を入れ替えます。

植えたい土地の広さを考えて選ぶ

グラウンドカバーには根が深く張る植物が多くあります。
また、地下茎で増えるものはあっという間に広がってしまいます。
植えたいスペースの広さを考えて合った植物を選びましょう。

失敗しないグラウンドカバーの植え方

グラウンドカバーを植える準備

植えたい植物の好む土壌と合わない場合は、土壌を改良します。
グラウンドカバーに使用する植物は水はけの良い土壌を好むものが多くあります。
粘土質だったり、水はけが悪い土壌の場合は改良が必要です。
水はけが極端に悪い場合は、土に軽石を混ぜたり堆肥を混ぜて改善します。
空気を含む土にすることで水はけが良くなります。
グラウンドカバーに使用する植物は乾燥に強いものが多いですが、極端に砂質で水はけが良すぎる場合には改良が必要です。
粘土質の土に堆肥を混ぜたものや、市販の庭土に変えましょう。

グラウンドカバーの植え込みの方法

植え方

植えたい植物をポット苗の状態で用意します。
深さ10㎝程度掘り下げて、ポットから取り出した植物を植えて行きます。
あまり深く植え過ぎないように気をつけます。

植え方で注意すること

グラウンドカバーは土地に大きく広がっていくものですので、最初から多く植え過ぎないように植え方に気をつけます。
地を張って伸びていくワイヤープランツやシバザクラは50㎝以上の間隔を取って植えましょう。
数年後には横に広がり、理想のグラウンドカバーになって行きます。
立性のタイムなど株自体が大きくなっていく植物は、20㎝程度間隔を取って植えるようにします。

グラウンドカバーのお手入れ方法

植え込みから根が張るまで3~4週間は毎日水やりをします。
多すぎるかな?と思うほど水をあげて大丈夫です。
根がはって新しい葉が出てきたら、水やりを控えて行きます。
春先と秋に肥料をあげるとより生育が良くなります。

まとめ

グラウンドカバーって何?おすすめの植え方やメリットをご紹介。まとめ

いかがでしたでしょうか。
グラウンドカバー植え方と植え方のポイントを解説しました。
グラウンドカバーを上手に使うことで雑草の悩みから解放され、庭もおしゃれになるので本当におすすめです!
植え方に気をつけて、お庭をおしゃれに彩りましょう。

天然植物活力液HB-101 天然植物活力液HB-101

家庭菜園で作る、オクラの育て方をご紹介。

家庭菜園で作る、オクラの育て方をご紹介。

オクラの育て方・育てる時期

オクラの育て方・育てる時期

オクラを育てるのに適している気温は20度~30度です。
植え付けの時期は4月上旬~6月下旬で、寒さに弱いオクラは10度以下の環境で生長が悪くなってしまいます。花が咲いてから1週間ほどで収穫ができます。

オクラの育て方・苗の選び方と植え付けのコツ

ホームセンターなどでオクラの苗を購入するときは、下記の点を参考にしてください。

・本葉が1~2枚
・葉にツヤがあり色が濃い
・葉と葉の間隔がつまっている

オクラの苗は通常2~3本の株が同じポットに入っているのですが、分けてしまうと根が傷つき成長が悪くなってしまうので、株を分けないように植え付けましょう。

植え付けのコツですが、はじめにプランターで栽培する方法をご紹介します。
まず、オクラは深く根を張るため、深さ30cm以上のプランターを用意します。オクラは多湿が苦手なので、水はけを良くするためにメッシュ付きのプランターを使用するか、網に入れた発泡スチロールを底が見えないくらい敷き詰めると良いでしょう。土は市販の野菜用培養土で問題ありません。株同士の間隔は20cm~30cmあけて植えます。根を傷つけないように植え付け、十分に水を与えてください。

次に畑で栽培する方法をご紹介します。
まず、苗植えの2~3週間前までに苦土石灰(石灰にマグネシウムを混ぜたもの)や堆肥を土に混ぜよく耕し、土を寝かせておきます。オクラは肥料を使いすぎると葉ばかりが茂り、実がつきにくくなってしまいますので、苗を植えるときの肥料は控えめにしましょう。畝(うね)は幅70cm~150cm・高さ10cm~15cmのものを作ります。苗は植える前にたっぷり水を与えておきます。苗の間隔は30cm程度あけ、植え付けたら水を十分に与えてください。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に

オクラの育て方・水やりと追肥のコツ

オクラの育て方・水やりと追肥のコツ

オクラは乾燥に比較的強く、多湿が苦手な野菜です。水を与えすぎると枯れてしまうので、土の表面が乾いたら水やりをしましょう。水やりの回数を増やすより、1回でたっぷり水を与えたほうが効果的です。ただし、水不足になるとオクラの生長が悪くなってしまうので、注意が必要です。
追肥はオクラが成長し、大きな葉が5~6枚になったタイミングで1回目の追肥をおこないましょう。その後は10日~2週間に1度のタイミングで追肥をします。肥料が足りなくなると葉が細くなるので、追肥の目安にしてください。

オクラの育て方・支柱の立て方

オクラは1m以上に成長する野菜なので、成長に合わせて支柱を立てる必要があります。
草丈が30cm程度まで高くなったら、風で倒れないように支柱を立てましょう。長さ150cm程の支柱を根本から10cm~15cmあたりに1本立て、支柱と株を紐で8の字に結びます。このとき使用する紐は、耐水・撥水に優れている誘引用のテープや麻ひもが適しています。きつく縛ってしまうとオクラの成長に影響がでるので、ゆるく縛ってあげるのがポイントです。

オクラの育て方

風通しや日当たりをよくするために、収穫のタイミングで実よりも下の葉を1~2枚残し、他の葉は摘みとってしまいましょう。また、草丈が高くなりすぎた場合、頂点の枝を摘みとって生長を止めると、品質の良い実ができるようになります。
この葉や枝を摘み取る作業を怠ると、次にできる実に栄養がいかず、生長が悪くなってしまいます。

オクラの育て方・オクラの収穫

オクラの長さが6~7cmまで育ったら収穫のタイミングです。
ピークになると実が次々にでき、育ちすぎると実が固くなってしまうため、若いうちに収穫してしまうのがポイントです。ただ、収穫が早過ぎると種が実に入らず、ネバネバがなくなってしまうので注意が必要です。収穫したら実よりも下の葉は摘み取って、次の実がつくのに備えましょう。

まとめ

家庭菜園で作る、オクラの育て方をご紹介。・まとめ

オクラは収穫後も低温に弱いことは変わらないため、保存する時もあまり冷やし過ぎないよう注意しましょう。冷蔵庫の野菜室に入れる場合は、新聞紙などに包んでおくことがおすすめです。
オクラの「粘り」には、糖尿病予防や便秘改善に効果的な「ペクチン」、たんぱく質の吸収を促し、コレステロールの吸収を抑制する「ムチン」などが含まれます。育て方も簡単で体にも良いオクラを食べて、健康な体作りをしましょう。

顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に 顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に